トップページ > 教室について > 各種実績

診療受付時間

*予約外又は紹介状がない方 平日 8:30~11:30 *紹介状をお持ちの方 平日 8:30~14:00 *土曜 8:30~11:00
 
  • 教室について
  • 診療案内
  • 患者さんへ
  • 医療関係者へ
  • 研修医・医学生
  • 高度医療
交通のご案内・マップはこちら
近畿大学医学部泌尿器科学教室 公式Facebook
泌尿器科学教室 スタッフブログ
近畿大学医学部泌尿器科教室はスマートフォン/タブレットも対応しています。

教室について

論文の実績

  • 論文(2017.1.1~2017.12.31. Epubを含む)
  • 論文(2016.1.1~2016.12.31. Epubを含む)
  • 論文(2015.1.1~2015.12.31)
  • 論文(2012年~2014年、抜粋)
  • 論文(2017.1.1~2017.12.31. Epubを含む)

    【英文雑誌】

    ・Minami T., Matsumura N., Sugimoto K., Shimizu N., DeVelasco.M.A., Nozawa M.,Yoshimura K., Harashima N., Harada M., Uemura H. Hypoxia-inducing factor(HIF)-1α-derived peptide capable of inducing cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes from HLA-A24+patients with renal cell carcinoma. Int.Immunopharmacology,44:197-202,2017.

    ・Inada M., Yokokawa M., Minami T., Nakamatsu K., Nishimura Y. Dosimetry advantages of intraoperatively built custom-linked seeds compared with loose seeds in permanent prostate brachytherapy. J.Contemp Brachytherapy 9:410-417,2017.

    ・Oyama M., Sugiyama T., Nozawa M., Fujimoto K., Kishida T., Kimura G., Tokuda N., Hinotsu S., Shimozuma K., Akaza H., Ozono S. Efficacy and safety of sequential use of everolimus in Japanese patients with advanced renal cell carcinoma after failure of first-line treatment with advanced renal cell carcinoma after failure of first-line treatment with vascular endothelial growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor:a multicenter phase II clinical trial. Jpn. J .Clin.Oncol.,47:551-559,2017.

    ・Miyazato M., Kadekawa K., Kitta T., Wada N., Shimizu N., de Groat. W. C., Birder L.A., Kanai A.J., Saito S., Yoshimura N. New frontiers of basic science research in neurogenic loner urinary tract dysfunction. Urol. Clin. N. Am.,44:491-505,2017.

    ・Shimizu T., Shimizu S., Wada N.,Takai S., Shimizu N.,Higashi Y., Kadekawa K., Majima T., Saito M.,Yoshimura N. Brain serotoninergic nervous system is involved in bombesin-induced frequent urination through brain 5-HT7 receptors in rats. British. J .of pharmacology, 2017.

    ・Shimizu N., Doyal M.F.,Goins W.F.,Kadekawa K.,Wada N.,Kanai A.J.,De Groat W.C.,Hirayama A.,Uemura H.,Glorioso J.C., Yoshimura N. Morphological changes in different populations of bladder afferent neurons detected by herpes simplex virus(HSV) vectors with cell-type-specific promoters in mice with spinal cord injury. Neuroscience 364:190-201, 2017.

    ・Kiba K, Hirayama A, Yoshikawa M, Yamamoto Y, Torimoto K, Shimizu N, Tanaka N, Fujimoto K, Uemura H. Increased urine production due to leg fluid displacement reduces hours of undisturbed sleep. Low urin tract symptoms. 2017 Jul 3. doi: 10.1111/luts.12176. [Epub ahead of print] 論文 (2017.1.1~2017.12.31. Epubを含む)

    ・Sugimoto K., Akiyama T., Shimizu N., Matsumura N., Hashimoto M., Minami T., Nose K., Nozawa M., Yoshimura K., Uemura H. Acotiamide hydrochloride hydrate added to combination treatment with an α-blocker and a cholinergic drug improved the QOL of women with acute urinary retention:case series. Research and reports in Urology 9:141-143,2017.

    ・Yoshimura K. Editorial comment from Dr. Yoshimura to Demographics, management and treatment outcomes of benign and malignant retroperitoneal tumors in Japan. Int.J.Urol 25:68-69,2017.

    ・Matsushita C, Torimoto K, Goto D, Morizawa Y, Kiba K, Shinohara M, Hirayama A, Kurumatani N, Fujimoto K. Linkage of lower urinary tract symptoms to sleep quality in elderly men with nocturia: A community based study using home measured electroencephalogram data. J Urol. 2017 Jan;197(1):204-209. doi: 10.1016/j.juro.2016.07.088. Epub 2016 Aug 6.

    ・Torimoto K, Matsushita C, Yamada A, Goto D, Matsumoto Y, Hosokawa Y, Miyake M, Aoki K, Hirayama A, Tanaka N, Fujimoto K. Clinical efficacy and safety of mirabegron and imidafenacin in women with overactive bladder: A randomized crossover study (the MICRO study). Neurourol Urodyn. 2017 Apr;36(4):1097-1103. doi: 10.1002/nau.23050. Epub 2016 Jun 6.

    【和文雑誌】

    ・野澤昌弘(近大)前立腺がんの骨転移に対する新薬、内部放射線製剤ゾ-フィゴ (塩化ラジウム-223)Uro-Lo,22:103-108, 2017.

    ・吉村 一宏、植村 天受(近大)分子標的薬による腎障害. 腎臓内科・泌尿器科 5:306-311, 2017.

    ・野澤 昌弘、植村 天受(近大)日本人におけるカバジタキセル. 泌尿器外科 30.561-563,2017.

    ・吉村 一宏、植村 天受(近大)病期別の前立腺癌の予後はどれくらいですか?. Q&A でスッキリわかる前立腺癌 220-223, 2017.

    ・野澤 昌弘(近大)免疫チェックポイント阻害薬の膀胱がんにおけるエビデンス. Urologic Oncology News 2017.

    ・吉村 一宏、南高文、野澤 昌弘、植村 天受(近大)ワクチン療法. 日本臨牀増刊 号75:359-364, 2017.

    ・野澤 昌弘、植村 天受(近大)腎癌に対する薬物療法の進歩. 日本臨牀増刊号 75:290-295, 2017.

    ・野澤 昌弘(近大)Interview 塩化ラジウム-223による放射線治療の現場から. Pharma Medica 35:123-125, 2017.

    ・野澤 昌弘、植村 天受(近大)転移性腎細胞がんに対する薬物治療戦略は?. 月刊 薬事59:37-41, 2017.

    ・吉村 一宏、植村 天受(近大)第6節泌尿器科の手術で用いられる止血材、癒着防 止材使用の現状と選定. 生体吸収性材料の開発と安全性評価12:346-351, 2017.

    ・野澤 昌弘、植村 天受(近大)腎細胞がんに対する分子標的薬の未来展望. 腎臓内 科・泌尿器科6:488-492, 2017.

    ・野澤 昌弘、植村 天受(近大)全身治療2次以降の薬物療法. Year Book of RCC 2017, 2017.

    ・野澤昌弘、植村 天受(近大)新規免疫療法開発の現況. 日本臨牀 75:135-139,2017.

    ・永井 康晴、西野 安紀、西本 光寿、花井禎、上島 成也(大阪南医療センター)頻 尿と肉眼的血尿が保存的に軽快した骨盤部動静脈奇形の1例.泌尿器外科30: 1461-1464.2017.

    ・合田 敏章、渡邊 光太郎、小林 潤也(大阪南医療センター脳血管内科)、永井康晴 (同泌尿器科)、尾原信行、高橋大介(同脳血管内科)ウレアーゼ産生菌による 閉塞性尿路感染症から高アンモニア血症を呈した1例. 臨床神経57:130-133,2017.

  • 論文(2016.1.1~2016.12.31. Epubを含む)

    [英文雑誌]

    ・Yoshimura K., Minami T., Nozawa M., Kimura T., Egawa S., Fujimoto H.,
    Yamada A., Itoh K., Uemura H. A phase 2 Randomized controlled Trial of personalized peptide Vaccine lmmunotherapy with Low-dose Dexamethasone versus Dexamethasone Alone in chemotherapy-naive Castration-resistant prostate Cancer. Eur.Urol.,70:35-41,2016.

    ・Tsuji H., Wang W., Sunil J., Shimizu N., Yoshimura K., Uemura H., Peck A.B., Khan S.R. Involvement of renin-angiotensin-aldosterone system in
    Calcium oxalate crystal induced activation of NADPH oxidase and renal cell injury. World J Urol.,34:89-95,2016.

    ・De Velasuco M.A., Kura Y., Yoshikawa K., Nishio K., Davies B.R., Uemura H. Efficacy of targeted AKT inhibition in genetically engineered mouse models of PTEN-deficient prostate cancer. Oncotarget,7:15959-15976,2016.

    ・Yoshimura K. Uemura H. Pharmacotherapies for renal cell carcinoma in Japan. Int,J.Urol., 23:194-201,2016.

    ・Noguchi M., Matsumoto K., Uemura H., Arai G., Eto M., Naito S., Ohyama C.,Nasu Y., Tanaka M., Moriya F., Suekane S., Matsueda S., Komatsu N., Sasada T., Yamada A., Kakuma T., Itoh K. An Open-Label,Randomized phase II Trial of personalized peptide Vaccination in patients with Bladder Cancer that progressed after platinum-Based Chemotherapy. Clin.Cancer Res., 22:54-60,2016.

    ・Kimura G., Yonese J., Fukagai T., Kamba T., Nishimura K.,Nozawa M.,Mansbach H., Theeuwes A.,Beer T.M., Tombal B., Ueda T. Enzalutamide in Japanese patients with chemotherapy-naive, metastatic castration-resistant prostate cancer: A post-hoc analysis of the placebo-controlled PREVAIL trial. Int.J.Urol., 23:395-403,2016.

    ・Kimura G., Yonese J., Fukagai T., Kamba T., Nishimura K., Nozawa M., Mansbach H., Theeuwes Ad., Beer T.M., Tombal B., Ueda T. Enzalutamide in japanese patients with chemotherapy-naive,metastatic castration-resistant prostate cancer:A post-hoc analysis of the placebo-controlled PREVAIL trial. Int.J.Urol.,23:395-403,2016.

    ・Wada N., Shimizu T., Takai S., Shimizu N., Kanai A.J., Tyagi P., Kakizaki H., Yoshimura N. Post-injury bladder management strategy influences lower urinary tract dysfunction in the mouse model of spinal cord injury. Neurourol.Urodynam.,9999:1-5,2016.

    ・Wada N., Shimizu T., Takai S., Shimizu N.,  Tyagi P., Kakizaki H., Yoshimura N.
    Combinational Effects of Muscarinic Receptor Inhibition and β3-Adrenoceptor stimulation on Neurogenic Bladder Dysfunction in Rats With Spinal Cord Injury.
    Neurourol.Urodynam., Doi 10 1002/nau.

    ・Yamamoto Y, Kiba K, Yoshikawa M, Hirayama A, Kunikata S, Uemura H. Evaluation of biochemical recurrence in patients with high-risk prostate cancer treated with radical prostatectomy and radiotherapy plus androgen deprivation therapy. Res Rep Urol. 8:225-231,2016.

    ・Tomita Y, Fukasawa S, Oya M, Uemura H, Shinohara N, Habuchi T, Rini BI, Chen Y, Bair AH, Ozono S, Naito S, Akaza H. Key predictive factors for efficacy of axitinib in first-line metastatic renal cell carcinoma: subgroup analysis in Japanese patients from a randomized, double-blind phase II study. Jpn J Clin Oncol. 2016, 46(11):1031-41.

    ・Noguchi M, Matsumoto K, Uemura H, Arai G, Eto M, Naito S, Ohyama C, Nasu Y, Tanaka M, Moriya F, Suekane S, Matsueda S, Komatsu N, Sasada T, Yamada A, Kakuma T, Itoh K. An Open-Label, Randomized Phase II Trial of Personalized Peptide Vaccination in Patients with Bladder Cancer that Progressed after Platinum-Based Chemotherapy. Clin Cancer Res. 2016 Jan 1;22(1):54-60.

    [和文雑誌]

    ・野澤昌弘、植村天受(近大) 前立腺癌の治療  去勢抵抗性前立腺癌に対する逐次療法と問題点. 日本臨牀 74:644-648,2016.
    杉本公一、植村天受(近大) PTEN遺伝子改変前立腺癌モデルと前立腺癌治療.
    Prostate Journal,3:11-13,2016.

    ・吉村一宏、植村天受(近大) 新規治療開発  免疫療法. 日本臨74:238-243.2016.

    ・野澤昌弘(近大) 前立腺癌患者における骨マネジメント. 日本腎泌尿器疾患予防医学研究誌 24:20-22,2016.

    ・野澤昌弘、植村天受(近大)  免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1、抗PD-L1体).
    泌尿器外科 29:941-946,2016.

    ・野澤昌弘、植村天受(近大)  転移性腎細胞がんにおける腎機能と分子標的薬.
    腎臓内科・泌尿器科 4:109-114,2016.

    ・吉村一宏、大關孝之、齋藤允孝、林 泰司、野澤昌弘、植村天受(近大) 後腹膜鏡下腎摘除術におけるトラブルシュ-ティング. Japanese Journal of Endourology
    29:11-14,2016.

    ・植村天受(近大) 泌尿器がんに対するがんペプチドワクチン療法. 腎臓内科・泌尿器科 3:244-250,2016.

    ・喜馬啓介、平山暁秀、吉川元清、山本 豊(近大奈良)、植村天受(近大)、鳥本一匤、藤本清秀(奈良県立医科大) 高齢者の体位変換による体水分変化が夜間頻尿に及ぼす影響について. 泌尿紀要 62:243-248,2016.

    ・野澤昌弘(近大) 膀胱がんのQ &A  よくある質問に答えます!  膀胱内注入療法にまつわるエトセトラ. URO-LO 21:86-88,2016.

    ・野澤 昌弘、植村天受(近大) 腎細胞癌. 肝胆膵 73:375-380,2016.

    ・植村天受(近大) Ooctors Message for nurse vo1.13. Prostella 13:3,2016.

    ・喜馬啓介、平山暁秀、吉川元清、山本豊(近大奈良)、植村天受(近大)、
    鳥本一匤、藤本清秀(奈良県立奈良医大) 高齢者の体位変換による体水分変化が夜間頻尿に及ぼす影響について. 泌尿紀要 62:243-248,2016.

    ・「班長」 原 勲(和歌山県立医科大)、「研究協力者」 野澤昌弘(近大)柑本康夫(和歌山県立医科大)、月山淑(和歌山県立医科大付属腫瘍センタ-)
    癌救急・緩和. 前立腺癌診療ガイドライン2016年版 258-270,2016.

    ・橋本 士、清水信貴、杉本公一、本郷祥子、南 高文、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、平山暁秀(近大奈良)、田原秀男(耳原総合)、植村天受(近大) Efficacy of Adding Dutasteride to α-Blocker therapy Therapy Treated Benign Prostatic Hyperplasia Patients with Small Volume Prostate. 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン 2016 Mar 16.

    ・田原秀男、清水信貴、辻 秀憲、安田宗生(耳原総合)、杉本公一(近大)、畑中祐二(富田林)、沖 貴士(耳原総合)、永井康晴(大阪南医療センタ-) 21章、泌尿器科疾患. 第5版 臨床医マニュアル2016.

    ・管本祐司、丸山哲郎、花井 禎、清水勇樹、木村正幸、福長 徹、田崎健太郎、豊住武司、武藤靖英、川島弘之、前岡瑛里、大森一彦、藤本 肇、窪田吉敏、江口正信、松原久裕(大阪南医療センタ-) 腹腔鏡補助下手術にて根治が得られた魚骨窄通による直腸S状部膀胱瘻の1例. 千葉医学雑誌92巻4号.

  • 論文(2015.1.1~2015.12.31 )

    [英文雑誌]

    ・Shimizu N. Editorial Comment to Efficacy of naftopidil for nocturia in male patients with lower urinary tract symptoms : Comparison of morning and evening administration. Int.J.Urol.,22:321,2015.

    ・Nozawa M., Mukai H., Takahashi S., Uemura H., Kosaka T., Onozawa Y., Miyazaki J., Suzuki K., Okihara K., Arai Y., Kamba T., Kato M., Nakai Y., Furuse H., Kume H., Ide H., Kitamura H., Yokomizo A., Kimura T., Tomita Y., Ohno K., Kakehi Y. Japanese phase I study of cabazitaxel in metastatic castration-resistant prostate cancer. Int.J.Clin.Oncol.,20:1026-1034,2015.

    ・ Tsuji H., Wang W., Sunil J., Shimizu N., Yoshimura K., Uemura H., Peck A.B., Khan S.R. Involvement of renin-angiotensin-aldosterone system in calcium oxalate crystal induced activation of NADPH oxidase and renal cell injury. World.J.Urol.,2015.

    ・Minami T., Minami T., Shimizu N., Yamamoto Y., De Velasco M.A., Nozawa M., Yoshimura K., Harashima N., Harada M., Uemura H. New polycomb group protein enhancer of zeste homolog(EZH) 2-derived peptide with the potential to induce cancer-reative cytotoxic T iymphocytes in prostate cancer patients with HLA-A3 supertype alleles.
    Int.Immunopharmacol.,26:133-138,2015.

    ・Sugimoto K., Akiyama T., Shimizu N., Matsumura N., Hayashi T., Nishioka T., Uemura H. A pilot study of acotiamide hydrochloride hydrate in patients with detrusor underactivity. Res.Rep. Urol.,7:81-83,2015.

    ・Minami T., Minami T., Shimizu N., Yamamoto Y., De Velasco M.A., Nozawa M.,Yoshimura K., Harashima N., Harada M., Uemura H. Identification of programmed Death Ligand 1-derived peptides capable of inducing cancer-reactive cytotoxic T iymphocytes from HLA-A24+ patients with renal cell carcinoma. J. Immunother.,38:285-291,2015.

    ・Nozawa M., Sugimoto K., Ohzeki T., Minami T., Shimizu N., Adomi S., Saoto Y., Nose K., Yoshimura K., Uemura H. Axitinib-induced proteinuria and efficacy in patients with metastatic renal cell carcinoma. Int.J.Clin.Oncol.,2015Dec22[Epub ahead of print]

    ・Koike H., Nozawa M., De Velasco M.A., Kura Y., Ando N.,
    Fukushima E., Yamamoto Y., Hatanaka Y., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. Conditional PTEN-deficient mice as a prostate cancer chemoprevention model. Asian.Pac.J.Cancer Prev.,16:1827-1831,2015.

    ・Nozawa M., Hara I., Matsuyama H., Iki K., Nagao K., Nishioka T., Komura T., Esa A., Uejima S., Imanishi M., Uekado Y., Ogawa T., Kajikawa H., Uemura H. Significance of baseline bone markers on disease progression and survival in hormone-sensitive prostate cancer with bone metastasis.
    World.J.Urol.,33:1263-1268,2015.

    ・Nozawa M., Ohzeki T., Tamada S., Hongo F., Anai S., Fujimoto K., Miki T., Nakatani T., Fukasawa S., Uemura H. Differences in adverse event profiles between everolimus and temsirolimus and the risk factors for non-infectious pneumonitis in advanced renal cell carcinoma.
    Int.J.Clin.Oncol.,20:790-795,2015.

    ・Tanaka N., Shimada K., Nakagawa Y., Hirao S., Watanabe S., Miyake M., Anai S., Hirayama A., Konishi N., Fujimoto K. The optimal number of initial prostate biopsy cores in daily practice: a prospective study using the Nara Urological Research and Treatment Group nomogram.
    BMC.Res.Notes.,2015 Nov 18.

    ・Tomioka A., Tanaka N., Yoshikawa M., Miyake M., Anai S., Chihara Y.,
    Okajima E., Hirayama A., Hirao Y., Fujimoto K.  Risk factors of PSA
    progression and overall survival in patients with localized and locally
    advanced prostate cancer treated with primary androgen deprivation therapy. BMC Cancer,2015 May 20:15.

    ・Yamamoto Y., De Velasco M.A., Kura Y., Nozawa M., Hatanaka Y., Oki T.,
    Ozeki T., Shimizu N., Minami T.,Yoshimura K.,Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. Evaluation of in vivo responses of sorafenib therapy in a preclinical mouse model of PTEN-deficient of prostate cancer. J.Transl..Med. 2015May8.,13:150.doi:10.1186/s12967-015-0509-x.

    [和文雑誌]

    ・吉村一宏、植村天受(近大) 進行前立腺癌に対する免疫療法. 医薬と薬学72:59-65,2015.

    ・植村天受(近大) 前立腺癌. 今日の治療指針 57:1100-1102,2015.

    ・植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対する免疫療法 -癌ワクチンの現状について-. 泌尿器外科 28:41-46,2015.

    ・野澤昌弘(近大) 分子標的薬と高血圧・腎障害. 臨床泌尿器科 69:563-567,2015.

    ・安田宗生、西野安紀(耳原総合)、坂野恵里、清水信貴(近大)、田原秀男(耳原総合) 表在性膀胱腫瘍に対して初回経尿道的膀胱腫瘍切除時の無作為下粘膜生検の有用性. 泌尿器外科 28:465-470,2015.

    ・西野安紀、安田宗生、坂野恵里、田原秀男(耳原総合)、清水信貴(近大) 初診時 PSA 値が 100ng/ml 以上であった前立腺癌症例の検討. 泌尿器外科28:939-943,2015.

    ・吉村一宏、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対する免疫療法. 泌尿器外科 28:1181-1186,2015.

    ・野澤昌弘(近大) 近畿大学におけるカバジタキセルの使用経験. 泌尿器外科28:1193,2015.

    ・吉村一宏(近大) -症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで- 前立腺癌. 日経DI クイズ 17:28-31,2015.

    ・西本光寿、清水信貴、杉本公一、橋本 士(近大)、松村直紀、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、南 高文、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、平山暁秀(近大奈良)、植村天受(近大) 夜間頻尿合併不眠症患者に対するエスゾピクロンの検討. 泌尿器外科
    28:1543-1547,2015.

    ・永井康晴(近大、大阪南医療センタ-)、清水信貴、南 高文、豊田信吾、橋本 士、西本光寿、菊池 尭、齋藤允孝、山本 豊、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、植村天受(近大) 前立腺癌小線源療法施行患者におけるタダラフィルの性機能、排尿機能および健康関連QOLに及ぼす影響の検討. 泌尿紀要 61:383-387,2015.

    ・野澤昌弘(近大) 有転移腎癌の治療. 泌尿器外科 28:1753-1760,2015.

    ・坂野恵里、西野安紀、永井康晴、安田宗生、田原秀男(耳原総合)、木野茂生(同 病理)、菅野展史(菅野クリニック) パクリタキセル・カルボプラチンによる術前補助化学療法が奏功した扁平上皮への分化を伴う膀胱尿路上皮癌の一例. 日本泌尿器科学会雑誌 106:206-210,2015.

    ・林 泰司、松村直紀、杉本公一、西岡 伯(近大堺)、齋藤允孝、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大)、森 康範(市立貝塚)、今西正昭(富田林)、石井徳味(第二なぎさクリニック)、原 靖(はら腎泌尿器科クリニック)、秋山隆弘(堺温心会) 腎移植後の妊娠出産に関する検討. 大阪透析研究会誌 33:57-60,2015.

    ・豊田信吾、南 高文、、橋本 士、齋藤允孝、清水信貴、山本 豊、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受(近大) 当科におけるフルニエ壊疽症例の検討. 泌尿紀要 61:223-226,2015.

    ・西本光寿、森 康範、橋本 潔、加藤良成、井口正典(市立貝塚) 類上皮血管筋脂肪腫の1例. 西日本泌尿器科 77:258-262,2015.

  • 論文(2012年~2014年、抜粋)

    ・Favorable outcome in elderly Asian patients with metastatic renal cell carcinoma treated with everolimus: the Osaka Urologic Oncology Group. T. Inamoto, H. Azuma, N. Nonomura, T. Nakatani, T. Matsuda, M. Nozawa, T. Ueda, H. Kinoshita, K. Nishimura, H.O. Kanayama, T. Miki, Y. Tomita, T. Yoshioka, M. Tsujihata and H. Uemura. Asian Pac.J.Cancer Prev.,15:1811-1815,2014

    ・Add-on anticholinergic therapy for residual nocturia in patients with lower urinary tract symptoms receiving α1-blocker treatment: a multi-centre, prospective, randomised study. O. Yokoyama, A. Tsujimura, H. Akino, N. Segawa, S. Tamada, N. Oguchi, Y. Kitagawa, H. Tsuji, A. Watanabe, T. Inamoto, N. Shimizu, Y. Fujiuchi, Y. Katsuoka, H. Azuma, T. Matsuda, M. Namiki, H. Uemura, A. Okuyama, N. Nonomura, H. Fuse and T. Nakatani. World J.Urol.,2014 Sep 16. [Epub ahead of print].

    ・Transfection of poly(I:C) can induce reactive oxygen species-triggered apoptosis and interferon-β-mediated growth arrest in human renal cell carcinoma cells via innate adjuvant receptors and the 2-5A system. N. Harashima,T. Minami, H. Uemura, M. Harada. Mol.Cancer,2014 Sep 17;13:217. doi: 10.1186/1476-4598-13-217.

    ・Efficacy of silodosin in patients undergoing brachytherapy: a randomized trial involving a pressure flow study. N. Shimizu, T. Minami, K. Sugimoto, Y. Saito, Y. Yamamoto, T. Hayashi, H. Tsuji, M. Nozawa, K. Yoshimura, T. Ishii, H. Uemura and K. Nakamatsu. World J.Urol.,32:1423-1432,2014

    ・Examination of the effect of changing to azilsartan from candesartan in renal transplant patients. T. Ishii, M. Yasuda, Y. Saito, Y. Mori, T. Hayashi, H. Uemura, K. Nose and T. Nishioka. Transplant.Proc.,46:492-495,2014.

    ・Identification of erythropoietin receptor-derived peptides having the potential to induce cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes from HLA-A24(+) patients with renal cell carcinoma. T. Minami, T. Minami, N. Shimizu, Y. Yamamoto, M. De Velasco, M. Nozawa, K. Yoshimura, N. Harashima, M. Harada and H. Uemura. Int.Immunopharmacol. 20:59-65,2014

    ・Pazopanib for recurrent extraosseous Ewing's sarcoma of the retroperitoneum. Y. Yamamoto, M. Nozawa, N. Shimizu, T. Minami, K. Yoshimura and H. Uemura. Int.J.Urol.,21:1183-1184,2014.

    ・Androgen deprivation induces phenotypic plasticity and promotes resistance to molecular targeted therapy in a PTEN-deficient mouse model of prostate cancer. M.A. De Velasco, M. Tanaka, Y. Yamamoto, Y. Hatanaka, H. Koike, K. Nishio, K. Yoshikawa and H. Uemura. Carcinogenesis,35:2142-2153,2014.

    ・Osteopontin knockdown in the kidneys of hyperoxaluric rats leads to reduction in renal calcium oxalate crystal deposition. H. Tsuji, N. Shimizu, M. Nozawa, T. Umekawa, K. Yoshimura, M.A. De Velasco, H. Uemura and S.R. Khan. Urolithiasis,42:195-202,2014.

    ・Differences in adverse event profiles between everolimus and temsirolimus and the risk factors for non-infectious pneumonitis in advanced renal cell carcinoma. M. Nozawa, T. Ohzeki, S. Tamada, F. Hongo, S. Anai, K. Fujimoto, T. Miki, T. Nakatani, S. Fukasawa and H. Uemura. Int.J.Clin.Oncol., 2014 Oct 25. [Epub ahead of print].

    ・Phase II trial of zoledronic acid combined with androgen-deprivation therapy for treatment-naive prostate cancer with bone metastasis. M. Nozawa, T. Inagaki, K. Nagao, T. Nishioka, T. Komura, A. Esa, M. Kitagawa, M. Imanishi, Y. Uekado, T. Ogawa, H. Kajikawa, S. Uejima, H. Matsuyama, I. Hara and H. Uemura. Int.J.Clin.Oncol. , 19,693-701,2014.

    ・特集 前立腺がん治療の進歩 今後の前立腺がん治療に期待される薬剤・免疫療法. 吉村一宏、植村天受. 臨床腫瘍プラクティス10:445-448,2014.

    ・特集 泌尿器科医のためのクリニカル・パール(1) 副腎腫瘍の診断・治療方針のクリニカル・パール. 吉村一宏. 臨床泌尿器科68:818-821,2014.

    ・Systemic transduction of p16INK4A antitumor peptide inhibits the growth of MBT-2 mouse bladder tumor cell line grafts. T. Shimazui T, K. Yoshikawa, J. Miyazaki, T. Kojima, H. Inai, S. Ando, H. Uemura, K. Uchida and H. Nishiyama. Int.J.Oncol.,42,543-548,2013

    ・Pazopanib versus sunitinib in metastatic renal-cell carcinoma. R.J. Motzer, T.E. Hutson, D. Cella, J. Reeves, R. Hawkins, J. Guo, P. Nathan, M. Staehler, P. de Souza, J.R. Merchan, E. Boleti, K. Fife, J. Jin, R. Jones, H. Uemura, U. De Giorgi, U. Harmenberg , J. Wang, C.N. Sternberg, K. Deen, L. McCann, M.D. U. Hackshaw, R. Crescenzo, L.N. Pandite and T. K. Choueiri. N.Engl.J.Med.,369:722-731,2013.

    ・STAT3 polymorphism can predict the response to interferon-α therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma. M. Eto, T. Kamba, H. Miyake, M. Fujisawa, T. Kamai, H. Uemura, T. Tsukamoto, H. Azuma, A. Matsubara, K. Nishimura, T. Nakamura, O. Ogawa, S. Naito; Japan Immunotherapy SNPs-Study Group for Kidney Cancer. Eur.Urol.,63,745-752,2013.

    ・Survey on lower urinary tract symptoms and sleep disorders in patients treated at urology departments. N. Shimizu, Y. Nagai, Y. Yamamoto, T. Minami, T. Hayashi, H. Tsuji, M. Nozawa, K. Yoshimura, T. Ishii H. Uemura, T. Oki, K. Sugimoto, K. Nose and T. Nishioka. Nat.Sci.Sleep,30;5:7-13,2013

    ・Effects of the Rho kinase inhibitor, hydroxyfasudil, on bladder dysfunction and inflammation in rats with HCl-induced cystitis. N. Shimizu, M.A. De Velasco, T. Umekawa, H. Uemura and K. Yoshikawa. Int.J.Urol.,20:1136-1143,2013.

    ・Therapeutic efficacy and anti-inflammatory effect of ramelteon in patients with insomnia associated with lower urinary tract symptoms. N. Shimizu, M. Nozawa, K. Sugimoto, Y. Yamamoto, T. Minami, T. Hayashi, K. Yoshimura, T. Ishii and H. Uemura. Res.Rep.Urol.,8;5:113-119,2013.

    ・Adverse event profile and dose modification of everolimus for advanced renal cell carcinoma in real-world Japanese clinical practice. M. Nozawa, N. Nonomura, T. Ueda, K. Nishimura, H.O. Kanayama, T. Miki, T. Nakatani, Y. Tomita, H. Azuma, T. Yoshioka, M. Tsujihata and H. Uemura. Jpn.J.Clin.Oncol., 43,1132-1138,2013.

    ・Impact of initial time to prostate-specific antigen nadir on survival in prostate cancer with bone metastasis initially treated with maximum androgen blockade therapy. Y. Yamamoto, M. Nozawa, Y. Itami, Y. Kobayshi, Y. Saito, N. Shimizu, T. Minami, T. Hayashi, H. Tsuji, K. Yoshimura, T. Ishii and H. Uemura. J.Cancer Res.Ther.,1:208-207,2013.

    ・Role of vaccine therapy for renal cell carcinoma in the era of targeted therapy. K. Yoshimura and H. Uemura. Int.J.Urol.,20,744-755,2013.

    ・特集 分子標的薬時代開幕5年目を迎えた進行腎癌の治療戦略の現状と展望 薬物のシークエンシャル治療,rechallengeの戦略. 野澤昌弘. 臨床泌尿器科67:45-51,2013.

    ・成人女性におけるα1遮断薬シロドシンの安全性に関する検討. 清水信貴、杉本公一、南 高文、山本 豊、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受. 新薬と臨床62:1880-1883,2013.

    ・高齢者の夜間頻尿発症メカニズムとラメルテオンの可能性. 清水信貴、植村天受. 日本臨床71:1116-1120,2013.

    ・MEA療法が奏功した難治性非セミノーマ精巣腫瘍の1例. 永井康晴、南 高文、伊丹祥隆、小林泰之、清水信貴、山本 豊、林 泰司、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受. 泌尿紀要59:693-697,2013.

    ・卵巣上皮型精巣腫瘍の1例. 西本光寿、清水信貴、菊池 尭、小林泰之、山本 豊、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏.、石井徳味、植村天受. 泌尿紀要59:753-757,2013.

    ・Preclinical Remodeling of Human Prostate Cancer through the PTEN/AKT Pathway. M.A. De Velasco and H. Uemura. Adv Urol. 2012;2012:419348. doi: 10.1155/2012/419348. Epub 2012 Feb 21.

    ・Laparoscopic donor nephrectomy: single-center experience. T. Hayashi, K. Nose, M. Nozawa, T. Nishioka, K. Yoshimura, T. Ishii and H. Uemura. Transplant.Proc.,44,30-31,2012.

    ・Sorafenib rechallenge in patients with metastatic renal cell carcinoma. M. Nozawa, Y. Yamamoto, T. Minami, N. Shimizu, Y. Hatanaka, H. Tsuji and H. Uemura. BJU Int., 110(6 Pt B):E228-E234,2012.

    ・Long-term renoprotective effect of candesartan in renal transplant patients. T. Ishii, M. Yasuda, Y. Itami, T. Hayashi, H. Uemura, K. Nose and T. Nishioka. Transplant.Proc., 44,638-641,2012.

    ・Efficacy of ramelteon in patients with insomnia and nocturia. N. Shimizu, K. Sugimoto, M. Nozawa, Y. Kobayshi, Y. Yamamoto, T. Minami, T. Hayashi, K. Yoshimura, T. Ishii, H. Uemura, K. Nose and T. Nishioka. LUTS,DOI:10.1111/j.1757-5672.2012.00166.x.

    ・分子標的薬―がんから他疾患までの治癒をめざして― Ⅲ 臨床研究 腫瘍性疾患の分子標的薬 腎がんにおける分子標的治療の展望. 植村天受. 日本臨床80(増刊):480-485,2012.

    ・特集 腎癌診療をめぐる最近の話題 分子標的薬時代における免疫療法・ワクチン療法. 植村天受. Pharma Medica,30:53-56,2012.

    ・尿管カテーテル法,腎瘻造設術. 植村天受. 今日の治療指針54:943,2012.

    ・腎がん分子標的治療の副作用対策. 野澤昌弘、植村天受. 泌尿紀要58:655-657,2012.

    ・-併存症のある患者に対する分子標的治療― 5.呼吸機能障害・COPD COPDを併存する転移性腎細胞癌症例. 野澤昌弘、植村天受. Year Book of RCC 2012,147-150,2012.

    ・当院での前立腺癌骨転移症例に対するストロチウム-89(Sr-89)治療の臨床評価. 伊丹祥隆、清水信貴、林 泰司、永井康晴、小林泰之、山本 豊、南 高文、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受、米矢吉宏、細野 眞、沖 貴士、吉岡伸浩. 泌尿器外科25:2151-2156,2012.

    ・精嚢腺癌と鑑別を要した嚢胞形成を伴うPSA低値前立腺癌の1例. 泌尿紀要58:349-353,2012.

    ・CA19-9高値を示した腺上皮への分化を伴う原発性腎盂尿路上皮癌の1例. 伊丹祥隆、清水信貴、林 泰司、永井康晴、小林泰之、山本 豊、南 高文、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受. 泌尿紀要:58:203-207,2012.

  • 学会発表(2017.4.1~2018.3.31)
  • 学会発表(2016.4.1~2017.3.31)
  • 学会発表(2015.4.1~2016.3.31)
  • 学会発表(2012年~2014年、主なもの抜粋)
  • 学会発表(2017.4.1~2018.3.31)

    【国際学会】

    ・De Velasco.M.A., Kura Y., Ando N., Sugimoto K., Sakai. K., Davies B.R., Kim Y., Macleod A.R., Nozawa M., Yoshimura K., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. Therapeutic potential of combination therapy using a next generation antisense oligonucleotide targeting the androgen receptor and AKT inhibition with AZD5363 in genetically engineered mouse models of prostate cancer. AACR (Washington) 2017.4.2.

    ・De Velasco.M.A., Kura Y., Ando N., Sato N., Sakai K., Davies B.R., Sugimoto K., Nozawa M., Yoshimura K., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. PD-L1 blockade in preclinical models of PTEN-deficient prostate cancer. AACR (Washington) 2017.4.2.

    ・De Velasco.M.A., Sugimoto K., Kura Y., Ando N., Sato N., Sakai K., Davies B.R., Huszar D., Nozawa M., Yoshimura K., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H.Co-targeting of AKT and pim kinases in mouse PTEN-deficient prostate cancer. AACR (Washington) 2017.4.2.

    ・De Velasco.M.A.,Hatanaka Y., Kura Y., Ando N.,Sakai K., Sugimoto K., Nozawa M.,Yoshimura K., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. Characterization of STAT3 activation in human prostate cancer. AACR (Washington) 2017.4.2.

    ・Woessner R., Sah V., McCoon P., Grosskurth S., Deng N., Dupont R., Lawson D., Pablo L., Reimer C., De Velasco.M.A., Uemura H., Candido J., Lyne P. Inhibition of STAT3 by antisense oligonucleotide treatment decreases the immune suppressive tumor microenvironment in syngeneic and GEM tumor models. AACR (Washington) 2017.4.2.

    ・Shimizu N., Goins. W. F., Takai S., Wada N., Shimizu T., Suzuki T., Takaoka E., Hirayama A., Uemura H., Yoshimura N. Morphological changes of different populations of bladder afferent neurons detected by herpes simplex virus (HSV) vectors with cell type-specific promoters in mice with spinal cord injury. AUA (Boston) 2017.5.13.

    ・Shimizu N., Takai S. Wada N., Suzuki T., Takaoka E., Shimizu T., Hirayama A., Uemura H., Yoshimura N. Effects of nerve growth factor(NGF) neutralization on TRP channel expression in laser-captured bladder afferent neurons of mice with spinal cord injury(SCI). AUA (Boston) 2017.5.15.学会発表(2017.4.1~2018.3.31)

    ・Shimizu T., Majima T., Suzuki T., Shimizu N., Wada N., Takai S. Effects of nerve growth factor neutralization on hyperexcitabilty of capsaicin sensitive bladder afferent neurons in mice with spinal cord injury. AUA (Boston) 2017.5.13.

    ・Wada N., Shimizu T. Shimizu N., Tyagi P., de Groat. W., Kanai A., Kakizaki H., Yoshimura N. Neutralization of brain-derived neurotrophic factor increases synergistic activity of external urethral sphincter with reduction of acid-sensing ion channels in mice with spinal cord lnjury. AUA (Boston) 2017.5.14.

    ・Suzuki T., Shimizu T., Takaoka E., Takai S., Shimizu N., Wada N., Ozono S., Yoshimura N. Enhancement of sneeze-induced urethral continence reflex via serotonin type 7 receptors in rats. AUA (Boston) 2017.5.14.

    ・Wada N., Shimizu T., Shimizu N., De Groat. W., Kanai A., Kakizaki H., Yoshimura N. Roles of nerve growth factor in bladder storage dysfunction due to detrusor overactivity in spinal cord injured mice-Analysis of time-dependent responses. AUA (Boston) 2017.5.14.

    ・Takaoka E., Suzuki T., Shimizu N.,Kwon J.,Okada H., Chermansky C., Yoshimura N. TRPV4 receptor activation in the bladder improves voiding dysfunction a rat model of detrusor underactivity induced by pelvic nerve crush injury. ICS2017 (Florence) 2017.9.12.

    ・Hashimoto M., Shimizu N., Matsumura N.,Hongou S.,Sugimoto K., Minami T., Nozawa M., Yoshimura K., Uemura H., Tahara H.,Hirayama A. Effects of withdrawing dutasteride on serunm testosterone and lower urinary tract symptoms. ICS 2017 (Florence) 2017.9.13.

    ・Suzuki T., Shimizu T., Kwon J., Wada N.,Takai S., Shimizu N., Takaoka E., Miyake H.,Ozono S., Yoshimura N. Role of the serotonergic system in urethral continence reflexes during sneezing in rats. ICS2017 (Florence) 2017.9.13.

    ・Kwon J., Suzuki T., Takaoka E., Shimizu N., Takai S.,Cho D., Yoshimura N.Functional Analysis of urethral continence Reflexes using simultaneous Bladder and urethral pressure Recordings in a Rat Model of sui induced by Multiple simulated Birth traumas. ICS 2017 (Florence ) 2017.9.13.

    ・Kwon J., Suzuki T., Takaoka E., Shimizu N., Takai S., Shimizu T., Cho D., Yoshimura N. Role of β3-Adrenoceptors in the control of the urethral continence function in female rats. ICS 2017(Florence) 2017.9.14.

    ・Shimizu T., Majima T., Suzuki T., Shimizu N., Wada N., Kadekawa K., Takai S., Takaoka E., Kwon J.,Tyagi P., Saito M., Yoshimura N. Role of nerve growthfactor in hyperexcitability of capsaicin sensitive bladder afferent neurons in soinal cord injured mice. ICS2017 (Florence) 2017.9.14.

    ・Shimizu N., Suzuki T., Takaoka E., Kwon J., Wada N., Shimizu T., Hirayama A., Uemura H., Kanai A., de Groat W., Yoshimura N. Role of p38 Map kinase signalling pathways in storage and voiding dysfunction in mice with spinal cord injury. ICS 2017 (Florence) 2017.9.15.

    ・Hayashi T., Kikuchi T., Nishioka T., Uemura H. Effects of hangesyasinto for everolimus induced stomatitis. 15th Congress of the Asian Society of Transplantation (CEBU) 2017.11.28.

    ・Mori Y., Hayashi T. Comparison of preemptive kidney transplant recipients with nonpreemptive kidney transpiant recipients in a Singie Center. 15th Congress of the Asian Society of Transplantation (CEBU) 2017.11.28.

    ・Nose K., Saito Y. Successful low-dose IVIG with desensitization therapy in therapy in threeDSA-positive cases. 15th Congress of the Asian Society of Transplantation (CEBU) 2017.11.28.

    ・Hongou S. A study of the pelivic floor in heaithy femaies using magnetic resonance imaging. IUGA Regional Sympasium (Chiba) 2017.11.29.

    【国内学会・講演】

    ・橋本 士(近大)経会陰的前立腺再生検における好中球/リンパ球比の有用性の検討. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・西本 光寿(NTT西日本大阪病院)局所前立腺癌に対するIMRT 単独療法. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・安富正悟(近大)去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・本郷 祥子(近大)MRIを用いた健常女性における骨盤臓器の解剖学的検討. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・齋藤 允孝(近大)当院における腎移植後膀胱移植腎尿管吻合不全の検討. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・杉本 公一(近大)排尿筋低活動患者に対する排尿時間の検討. 第13回狭山泌尿器科 研究会(堺)2017.4.1.

    ・杉本 公一(近大)PTEN/p53 ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおける Autophagy阻害薬クロロキンの治療効果について.第13回狭山泌尿器科研究会(堺) 2017.4.1.

    ・森 康範(市立貝塚病院)遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取によ る腫瘍増殖について. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・森 康範(市立貝塚病院)当科および関連病院における先行的腎移植(preemptive kidney transplantation:PEKT)症例の検討. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・南 高文(近大)Intraoperatively built custom-linked seeds を使用した前立腺癌密封小 線源療法の初期経験-loose seeds との比較検討. 第13回狭山泌尿器科研究会(堺) 2017.4.1.

    ・畑中 祐二(富田林病院)入院加療を要した高齢者の尿路結石症の検討.第13回狭山泌 尿器科研究会(堺)2017.4.1.

    ・植村 天受(近大)~CRPC治療の現状と最適化にむけた取り組み~ジェブタナ症例経 験から見えてきた新たな治療選択. 市川・浦安前立腺がん治療講演会(東京) 2017.4.6.

    ・野澤 昌弘(近大)腎細胞癌薬物療法によるOSの改善. CORE-J2017(福岡) 2017.4.8.

    ・喜馬 啓介、吉川 元清、山本豊、平山 暁秀(近大奈良)、植村天受(近大)リドカイン 注入 Pressure Flow study (LPFS)による高齢男性の排尿機能の変化について第105回 日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.21 .

    ・杉本 公一、清水 信貴、橋本 士、西本 光寿、本郷 祥子、安富 正悟、大關孝之、齋藤 允孝、 南 高文、能勢 和宏、野澤 昌弘、吉村 一宏、植村 天受(近大)排尿筋低活動患者に対 する排尿時間の検討. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.21 .

    ・杉本 公一、吉村 一宏、野澤 昌弘、南 高文、清水 信貴、倉 由吏恵(近大)、吉川 和宏 (愛知医大)、西尾 和人(近大ゲノム)、デベラスコ・マルコ、植村 天受(近大) PTEN/p53ダブルノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるAutophagy阻害薬クロロ キンの治療効果について. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.21 .

    ・森 康範、デベラスコ・マルコ、倉 由吏恵、沖 貴士、杉本 公一、畑中 祐二、野澤 昌弘、 吉村 一宏(近大)、吉川 和宏(愛知医大)、西尾 和人(近大ゲノム)、植村 天受(近大) 遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について. 第 105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.21.

    ・橋本 士、松村 直紀、大關 孝之、本郷 祥子、齋藤 允孝、杉本公一、清水 信貴、南 高文、 能勢 和宏、野澤 昌弘(近大)、田原 秀男(耳原)、吉村 一宏、植村 天受(近大) 経会 陰的前立腺再生検における好中球/リンパ球比の有用性の検討. 第105回日本泌尿器 科学会総会(鹿児島)2017.4.21 .

    ・西本 光寿、沖 貴士、辻 秀憲、江左 篤宣(NTT西日本大阪)局所前立腺癌に対する IMRT単独療法. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.21 .

    ・南 高文、大森 直美、桑原 賢、安富 正悟、大關 孝之、齋藤 允孝、本郷 祥子、杉本 公一、 清水 信貴、野澤 昌弘、能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)Intraoperatively built custom-linked seedsを使用した前立腺癌密封小線源療法の初期経験(Iooseseedsとの比 較検討) 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.21

    ・野澤 昌弘、植村 天受(近大)免疫チェックポイント阻害薬の膀胱がんにおけるエビデ ンス. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.22.

    ・野澤 昌弘、大森 直美、高橋 智輝、桑原 賢、安富 正悟、大關 孝之、本郷祥子、齋藤 允孝、 杉本 公一、南 高文、能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)ビッグデータを用いた 去勢抵抗性前立腺癌治療実態の検討. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島) 2017.4.22.

    ・野澤 昌弘、大森 直美、高橋 智輝、桑原 賢、安富 正悟、大關 孝之、本郷祥子、齋藤 允孝、 杉本 公一、南高文、能勢 和宏、吉村 一宏、植村天受(近大)去勢抵抗性前立腺癌 に対する塩化ラジウム(223 Ra)の初期治療経験. 第105回日本泌尿器科学会総会 (鹿児島)2017.4.22.

    ・安富 正悟、大森 直美、桑原 賢、大關 孝之、本郷 祥子、齋藤 充孝、杉本公一、清水 信貴、 南 高文、野澤 昌弘、能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)去勢抵抗性前立腺癌に 対するエンザルタミド療法の検討. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.22.

    ・倉 由吏恵、吉村 一宏、野澤 昌弘、南 高文、杉本 公一(近大)、吉川 和宏(愛知医大)、 西尾 和人(近大ゲノム)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、植村 天受(近大) 前立腺特異的PTENノックアウトマウスを用いたJak1/2阻害薬であるAZD1480によ る抗腫瘍効果および転移抑制についての検討. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児 島)2017.4.22.

    ・高井 峻(名古屋大、ピッツバーグ大)、馬嶋 剛(名古屋大)、清水 信貴、清水 孝洋、 和田 直樹、鈴木 孝尚、高岡 栄一郎(ピッツバーグ大)、後藤 百万(名古屋大)、 吉村 直樹(ピッツバーグ大)Gene therapy with HSV vectors encoding poreless TRPV1 or protein phosphatase 1α on bladder overactivity and nociception in a hydrogen peroxide cystitis model. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.22.

    ・清水 信貴、Goins W.F., 高井 峻,和田 直樹(ピッツバーグ大), 平山 暁秀(近大奈良)、 植村 天受(近大),Glorioso J.C.,吉村 直樹(ピッツバ-グ大)Herpes simplex virus (HSV) vector-mediated tracing and labelling of different populations of bladder afferent neurons in normal and spinal cord injured mice. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島) 2017.4.22.

    ・野澤 昌弘、植村 天受(近大)分子標的薬の有害事象とその管理. 第105回日本泌尿 器科学会総会(鹿児島)2017.4.23.

    ・畑中 祐二、明石 泰典、今西 正昭(富田林)入院加療を要した高齢者の尿路結石症の 検討. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.23.

    ・齊藤 允孝、桑原 賢、安富 正悟、大關 孝之、杉本 公一、南 高文(近大)、林 泰司 (近大堺)、能勢 和宏、野澤 昌弘(近大)、西岡 伯(近大堺)、吉村一宏(近大)、 秋山 隆弘(堺温心会)、植村 天受(近大)当院における腎移植後膀胱移植腎尿管吻合 不全の検討. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.23.

    ・本郷 祥子、大森 直美、桑原 賢、安富 正悟、大關 孝之、齋藤 充孝、杉本公一、南 高文、 野澤 昌弘、能勢 和宏、吉村 一宏(近大)、花井 禎(大阪南医療センター)、植村 天受 (近大)MRIを用いた健常女性における骨盤臓器の解剖学的検討. 第105回日本泌尿 器科学会総 会(鹿児島)2017.4.23.

    ・森康 範(近大)、菊池 尭(近大堺)、齋藤 充孝(近大)、林 泰司(近大堺)、能勢 和宏 (近大)、今西 正昭(富田林)、西岡 伯(近大堺)、秋山 隆弘(堺温心会)、植村 天受 (近大)当科および関連病院における先行的腎移植(preemptive kidney transplantation: PEKT)症例の検討. 第105回日本泌尿器科学会総会(鹿児島)2017.4.23.

    ・植村 天受(近大)CRPC治療の現状と展望~骨転移治療を中心に~. 群馬ゾーフィゴ 講演会(群馬)2017.4.27.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)つらさの包括的評価と症状緩和第12回近畿大学 PEACE緩和研修会(大阪狭山)2017.5.20

    ・野澤 昌弘(近大)前立腺癌骨転移に対する治療戦略. CRPC Bone Metastasis Management Forum(熊本)2017.6.3.

    ・桑原 賢、西本 光寿、花井 禎、辻 秀憲、江左 篤宣、豊田 信吾(NTT西日本大阪)前 立腺神経内分泌癌にカバジタキセルが奏効した1例.第13回天王寺泌尿器科懇話会 (大阪)2017.6.8.

    ・杉本 公一(近大)75歳以上の高齢者における Analogical Uroflowmetry(ANUF)の有用 性の検討. 第30回日本老年泌尿器科学会(東京)2017.6.10.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)疼痛事例検討第56回まほろばPEACE緩和研修会 (奈良) 2017.6.10

    ・橋本 士(近大)75歳以上の高齢者の経会陰的前立腺再生検における好中球/リンパ球 比の有用性の検討. 第30回日本老年泌尿器科学会(東京)2017.6.10.

    ・植村 天受(近大)前立腺癌のホルモン療法. 千葉Urologic Disease Seminar 2017 (千葉)2017.6.15.

    ・吉岡 正訓、田坂 雪菜、用貝 俊和、増田 善文、中野 健一、竹田 圭、藤堂敦(近大臨 床工学部)、西村 昌美、中谷 善寿、谷山 佳弘(近大腎臓内科)、能勢 和宏(近大)、 有馬 秀二(近大腎臓内科)水泡性類天疱瘡に対する選択的血奨交換の施行経験. 第62 回日本透析医学会学術集会・総会(横浜)2017.6.17.

    ・野澤 昌弘(近大)関西におけるカバジタキセルの使用状況の分析. 第2回近畿CRPC 講演会(大阪)2017.6.21.

    ・上島 成也(大阪南医療センタ-)、花井 禎、永井 康晴、西野 安紀、豊田 信悟最期 まで排泄を支える緩和ケアサポートチームと排尿ケアチームの連携?より良いがん患 者の泌尿器症状の緩和を目指してー第22回日本緩和医療学会(横浜)2017.6.24

    ・大關孝之(近大)パゾパニブの使用経験. CORE@South Osaka 2017(堺)2017.6.29.

    ・西野 安紀(大阪南医療センター)当院におけるTULについて. 第35回南大阪泌尿 器科研究会(堺)2017.7.1.

    ・花井 禎、桑原 賢、西本 光寿、江左 篤宣(NTT西日本大阪)夜間就寝中の排尿につ いて. 第4回地域医療連携フォ-ラム(大阪)2017.7.8.

    ・清水 信貴(近大)PDE5阻害剤ザルティアの最新の知見. 南大阪ザルティア錠3周年記 念講演会(堺)2017.7.15.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)緩和ケアサポートチームにおける多職種連携につい て近畿国立病院薬剤師会学術講演会(大阪)2017.7.22

    ・本郷 祥子、橋本 士、松村 直紀、大關 孝之、杉本 公一、清水 信貴、南高文、野澤 昌弘、 能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)、花井 禎(大阪南医療センター)MRI矢状 断を用いた骨盤臓器の解剖学的検討~未産婦と経産婦の比較検討~. 第19回日本 女性骨盤底医学会(福井) 2017.7.29.

    ・本郷 祥子(近大)、藤崎 章子、下稲葉 美佐(四谷メディカルキューブ)、植村 天受 (近大)、嘉村 康邦(四谷メディカルキューブ)騎乗型フィットネスマシンは骨盤底 筋収縮を強化するか?. 第19回日本女性骨盤底医学会(福井) 2017.7.29.

    ・野澤 昌弘(近大)腎細胞癌の薬物治療について今後のオプジーボの位置付け. 札幌腎細 胞癌免疫療法セミナー(札幌) 2017.9.2.

    ・野澤 昌弘(近大)前立腺癌骨転移に対する治療戦略. 泌尿器ボーンコントロール講演 会(甲府) 2017.9.5.

    ・森 康範(近大)、菊池 尭(近大堺)、林 泰司(和泉市立)、今西 正昭(富田林)、 能勢 和宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村 天受(近大)当科および関連病院にお ける先行的腎移植(preemptive kidney transplantation:PEKT)症例の検討. 第53回日 本移植学会総会(旭川) 2017.9.7.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)人には聞けないおしっこのお話し河内長野市民大 学くろまろ塾(河内長野)2017.9.7

    ・齊藤 允孝(市立貝塚)、森 康範,能勢 和宏,吉村 一宏、植村 天受、西岡伯(近大)、 秋山 隆弘(堺温心会)生体腎移植後に発症した感染性心内膜炎(IE)の2例. 第53回 日本移植学会総会(旭川)2017.9.8.

    ・野澤 昌弘(近大)去勢抵抗性前立腺癌の治療実態に関する観察研究. ジェブタナwebカ ンファレンス:Real Worldシリーズ2017(東京)2017.9.19.

    ・デベラスコ・マルコ(近大ゲノム、近大)、倉 由吏恵(近大)、坂井 和子(近大ゲノム)、 杉本 公一、野澤 昌弘、吉村 一宏(近大)、吉川 和宏(愛知医科大)、西尾 和人(近 大ゲノム)、植村 天受(近大)PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけ る腫瘍免疫の包括的分析. 第76回日本癌学会学術総会(横浜)2017.9.28.

    ・坂野 恵里、冨樫 庸介、中村雄(近大ゲノム)、千葉 眞人(近大ゲノム、近大呼吸 器外科)、小林 祥久(近大呼吸器外科)、林秀敏(近大ゲノム、近大腫瘍内科)、 谷崎 潤子(近大腫瘍内科)、寺嶋 雅人、デベラスコ・マルコ、坂井 和子、藤田 至彦 (近大ゲノム)、光冨徹哉近大呼吸器外科)、西尾 和人(近大ゲノム)まれなEGFR 遺伝子変異L861QおよびS7681陽性非小細胞性肺癌に対する最適な1EGFR阻害剤の 選択. 第76回日本癌学会学術総会(横浜)2017.9.28.

    ・清水 信貴(近大)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、倉 由吏恵(近大)、 坂井 和子(近大ゲノム)、杉本 公一、野澤 昌弘、吉村 一宏(近大)、吉川 和宏(愛 知医科大)、西尾 和人(近大ゲノム)、植村 天受(近大)遺伝子改変前立腺癌マウス モデルにおけるPD-L1免疫チェックポイント阻害薬について. 第76回日本癌学会学術 総会(横浜)2017.9.28.

    ・杉本公一(近大)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、倉 由吏恵(近大)、 坂井 和子(近大ゲノム)、野澤 昌弘、吉村 一宏(近大)、吉川 和宏(愛知医科大)、 西尾 和人(近大ゲノム)、植村 天受(近大)アンドレゲンレセビターを標的とした次 世代アンチセンスオリゴヌクレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果について. 第 76回日本癌学会学術総会(横浜)2017.9.28.

    ・倉 由吏恵(近大)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、杉本 公一(近大)、 坂井 和子(近大ゲノム)、野澤 昌弘、吉村 一宏(近大)、吉川 和宏(愛知医科大)、 西尾 和人(近大ゲノム)、植村 天受(近大)AKTおよびPimキナーゼをターゲットに した治療戦略はPTEN欠出前立腺癌前臨床動物モデルにおいて治療効果改善を示す. 第 76回日本癌学会学術総会(横浜)2017.9.28.

    ・森康範(近大)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、畑中 祐二、倉 由吏恵、 杉本 公一、野澤 昌弘、吉村 一宏(近大)、吉川 和宏(愛知医科大)、西尾 和人(近 大ゲノム)、植村 天受(近大)ヒト前立腺癌におけるSTAT3について. 第76回日本癌学 会学術総会(横浜)2017.9.28.

    ・植村 天受、倉 由吏恵、杉本 公一、森康範、野澤 昌弘、吉村 一宏(近大)、吉川 和宏 (愛知医科大)、西尾 和人(近大ゲノム)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノ ム)遺伝子改変マウス前立腺癌モデルを用いた新規化合物の包括的臨床評価について. 第76回日本癌学会学術総会(横浜)2017.9.28.

    ・清水 信貴(近大)夜間頻尿/夜間多尿と自律神経障害. 第24回日本排尿機能学会ラン チョンセミナー(東京) 2017.9.28.

    ・清水 孝洋(高知大学・ピッツバ-グ大学)、馬嶋剛、鈴木 孝尚、清水 信貴、和田 直樹、 嘉手川 豪心、高井 峻、高岡 栄一郎、Kwon Joonbeom、Tyagi Pradeep (ピッツバ-グ大 学)、齋藤 源顕(高知大学)、吉村 直樹(ピッツバ-グ大学)脊髄損傷モテルマウスの カプサイシン感受性膀胱求心性ニュ-ロンの興奮性亢進におけるNGFの役割.第24回 日本排尿機能学会(東京)2017.9.28.

    ・和田 直樹(旭川医科大・ピッツバ-グ大)、鈴木 孝尚、清水 孝洋、清水 信貴、高井 峻、 高岡 栄一郎(ピッツバ-グ大)、柿崎 秀宏(旭川医科大)、吉村 直樹(ピッツバ- グ大)下部尿路閉塞モデルラットの膀胱の収縮力低下および線維化に対するミラベグ ロンの効果. 第24回日本排尿機能学会(東京) 2017.9.28.

    ・清水 信貴(近大・ピッツバ-グ大)、和田 直樹、清水 孝洋(ピッツバ-グ大)、 平山 暁秀(近大奈良)、植村 天受(近大)、吉村 直樹(ピッツバ-グ大)脊髄損傷 マウスにおけるレ-ザ-キャプチャ-法を用いた膀胱求心路のTRPチャンネル発現解析 と神経成長因子(NGF)の抑制効果. 第24回日本排尿機能学会(東京)2017.9.28.

    ・本郷 祥子(近大)、藤崎 章子、下稲葉 美佐、嘉村 康邦(四谷メディカルキュ-ブ)、 植村 天受(近大)騎乗型フィットネスマシンは骨盤底筋収縮を強化するか?第24回日 本排尿機能学会(東京)2017.9.28.

    ・橋本 士、清水 信貴、本郷 祥子、杉本 公一、南 高文、野澤 昌弘(近大)、田原 秀男 (耳原)、吉村 一宏(近大)、平山 暁秀(近大奈良)、植村 天受(近大)中長期デュ タステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド休薬の影響. 第24回日 本排尿機能学会(東京)2017.9.28.

    ・本郷 祥子(近大)、花井 禎(NTT西日本大阪)、西野 安紀、豊田 信吾、永井 康晴、 上島 成也(大阪南医療センター)、植村 天受(近大)妊婦における残尿測定の実際 ~Bladder Scan(BVI6100)と医師による超音波法の比較~. 第24回日本排尿機能学会 (東京)2017.9.28.

    ・植村 天受(近大)CRPC治療の現状と最適化にむけた取り組み. 千葉CRPC講演会2017 (千葉)2017.10.4.

    ・野澤 昌弘(近大)前立腺癌骨転移に対する治療戦略. 七隈CRPC学術講演会(福岡) 2017.10.6.

    ・安富 正悟、齊藤 允孝、加藤 良成、井口 正典(市立貝塚)、山崎 大(同病理診断科) 腎摘除術を施行した後腎性腺種の1例.第236回日本泌尿器科学会関西地方会(神戸) 2017.10.7.

    ・西本 光寿、桑原 賢、花井 禎、江左 篤宣(NTT西日本大阪)膀胱癌 micro papillary variantに対し、化学・放射線療法でCRをえられた1例. 第236回日本泌尿器科学会関 西地方会(神戸)2017.10.7.

    ・松村 直紀(近大)、橋本 士、大關 孝之、本郷 祥子、杉本 公一、清水 信貴、森 康範、 南 高文、野澤 昌弘、能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)クリオグロブリン血症に 伴う精索静脈血栓症の1例. 第236回日本泌尿器科学会関西地方会(神戸) 2017.10.7.

    ・大森 直美、畑中 祐二、今西 正昭(富田林)成人巨大尿管に発生した尿管癌の1例. 第 236回日本泌尿器科学会関西地方会(神戸)2017.10.7.

    ・玉井 健太郎、菊池 尭、西岡 伯(近大堺)巨大精巣腫瘍術後の創離開に対してキャニ スター不要陰圧閉鎖療法(PICO)が有効であった1症例. 第236回日本泌尿器科学会 関西地方会(神戸)2017.10.7.

    ・植村 天受(近大)CRPC治療の現状と展望. ゾ-フィゴ発売1周年記念講演in浜松(浜 松)2017.10.10.

    ・大關 孝之(近大)去勢抵抗性前立腺癌の治療実態. 第6回Future Aspects of Urological Management(東京)2017.10.20.

    ・松村 直紀、野澤 昌弘(近大)、桑原 賢、西本 光壽(NTT西日本大阪)、菊池尭 (近大堺)、高橋 智樹(耳原)、大森 直美(近大・富田林)、安富 正悟(市立貝塚)、 秋山 隆弘(温心会)、山本 豊、明石 泰典(近大奈良)、永井 康晴、豊田 信吾(大阪 南医療センター)、梶川 博司(泉大津市立)、植村 天受(近大)去勢抵抗性前立腺 癌に対するカバジタキセル療法の検討. 第55回日本癌治療学会学術集会(横浜) 2017.10.20.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)緩和ケアサポートチームにおける多職種連携につい て城山病院緩和ケア研修会(羽曳野)2017.10.26

    ・野澤 昌弘(近大)RCCの治療目標. 薬物療法における治療目標(東京)2017.10.28.

    ・吉村 一宏(近大)限局性腎癌の診断と治療. 第69回西日本泌尿器科学会総会(大分) 2017.11.9.

    ・植村 天受(近大)腎がんの薬物療法. 第4回市民公開講座(大阪)2017.11.11.

    ・大關 孝之(近大)当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の 成績. 第69回西日本泌尿器科学会総会(大分)2017.11.11.

    ・高橋 智輝、沖 貴士、田原 秀男(耳原)前立腺基底細胞癌の一例. 第69回西日本泌尿 器科学会総会(大分)2017.11.11.

    ・植村 天受(近大)腎細胞がんの診断と治療. 大阪泌尿器科臨床医会40周年記念式典 企業セミナー~泌尿器がん治療の未来~(大阪)2017.11.18.

    ・大關 孝之、本郷 祥子、杉本 公一、清水 信貴、森康範、南高文、野澤昌弘、 能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)当施設におけるロボット支援腹腔鏡下腎部 分切除術(RAPN)の初期成績. 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会(徳島) 2017.11.18.

    ・野澤 昌弘(近大)腎癌診療のupdate. 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会(徳島) 2017.11.18.

    ・江左 篤宣(NTT西日本)早期前立腺癌の診断と治療. 第12回市民公開講座「早期 にがんを見つけましょう」(大阪)2017.11.19.

    ・野澤 昌弘(近大)薬物療法(1-Odrug). 第67回日本泌尿器科学会中部総会(大阪) 2017.11.25.

    ・平山 暁秀(近大奈良)男性の Detrusorhyperactivity with impaired contractile function (DHIC)の特徴. 第67回日本泌尿器科学会中部総会(大阪)2017.11.25.

    ・大關 孝之(近大)当院における進行性腎細胞癌に対するバゾバニブ使用成績の検討. 第67回日本泌尿器科学会中部総会(大阪)2017.11.25.

    ・安富 正悟(市立貝塚)筋層浸潤性膀胱癌に対する化学療法併用放射線治療の検討. 第 67回日本泌尿器科学会中部総会(大阪)2017.11.26.

    ・本郷 祥子(近大)MRIでみる女性骨盤症と骨盤底障害の治療. 第67回日本泌尿器科 学会中部総会(大阪)2017.11.26.

    ・松村 直紀(近大)前立腺癌における最新の薬物治療. 学術講演会(神戸薬科大学同窓 会・大阪生涯研修企画委員会)(大阪市)2017.11.26.

    ・清水 信貴(近大)排尿障害、最近の治療戦略. 学術講演会(神戸薬科大学同窓会・大 阪生涯研修企画委員会)(大阪市)2017.11.26.

    ・植村 天受(近大)実臨床における泌尿器癌の薬物治療. Obihiro RCC Conference (北海道)2017.12.1.

    ・清水 信貴(近大)排尿障害における基礎研究の経験. 第10回大阪南泌尿器科談話会 (大阪)2017.12.2.

    ・大關 孝之(近大)高リスク前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術 (RALP)の検討. 第30回日本内視鏡外科学会総会(京都)2017.12.9.

    ・野澤 昌弘(近大)腎癌診療のupdate. RCC Seminar(名古屋)2017.12.15.

    ・玉井 健太郎、橋本 士、松村 直紀、大關 孝之、本郷 祥子、杉本 公一、清水 信貴、 森 康範、南 高文、野澤 昌弘、能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)前立腺扁平 上皮癌の一例. 第22回泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺)2017.12.16.

    ・桑原 賢、西本 光寿、花井 禎、江左 篤宣(NTT西日本大阪)、小嶋 啓子、花井 淳 (同病理科)膀胱がん(リンパ腫様型/形質細胞様型). 第22回泌尿器腫瘍フォ- ラム学術集会(堺)2017.12.16.

    ・安富 正悟、齊藤 允孝、加藤 良成、井口 正典(市立貝塚)、野田 百合、山崎大、 (同病理診断科)左尿管癌 Iymphoepithelioma-like variantの1例. 第22回泌尿器腫瘍 フォ-ラム学術集会(堺)2017.12.16.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)第16回泌尿器細胞診カンファレンス(別府カンファレ ンス)in長崎に参加して. 第22回泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺)2017.12.16

    ・江左 篤宣(NTT西日本大阪)排尿障害治療における保険留意事項について.第3回北 大阪 Urology conference(大阪)2017.12.7.

    ・植村 天受(近大)腎細胞癌の新たな治療戦略. オプジ-ボ腎細胞がん効能追加1周 年記念講演会(和歌山)2018.1.27.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)前立腺がん治療の最近の話題第10回近畿大学医学 部附属病院市民公開講座(大阪狭山)2018.1.27

    ・桑原 賢(NTT西日本大阪)中・高リスク限局性前立腺癌に対する先行内分泌療法・ 強度変調放射線治療の長期成績. 第7回Kongoh Urology Meeting(大阪)2017.2.1.

    ・南 高文(近大)近畿大学におけるブラキセラピーについて. 第7回Kongoh Urology Meeting(大阪)2017.2.1.

    ・清水 信貴(近大)、清水 孝洋、和田 直樹(ピッツバ-グ大)、橋本 士(近大)、 吉村直樹(ピッツバ-グ大)、植村天受(近大)レ-ザーマイクロダイセクション法 を用いた脊損マウスの膀胱求心路のTRPチャンネル発現解析と神経成長因子(NGF) の抑制効果.第27回泌尿器科分子・細胞研究会(東京)2018.2.3.

    ・倉 由吏恵、杉本 公一、清水 信貴、森 康範、野澤 昌弘、吉村 一宏(近大)、吉川 和宏 (愛知医科大)、西尾 和人、デベラスコ・マルコ(近大ゲノム)、植村 天受(近大) 前立腺癌特異的PTENノックアウトマウスを用いたARを標的としたアンチセンスオ リゴヌクレオチドの検討. 第27回泌尿器科分子・細胞研究会(東京)2018.2.3.

    ・植村 天受、倉 由吏恵、杉本 公一、清水 信貴、森 康範、南 高文、野澤 昌弘、能勢 和宏、 吉村 一宏(近大)、デベラスコ・マルコ(近大ゲノム)アンドロゲンレセプターを標 的とした次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果の 検討. 第27回泌尿器科分子・細胞研究会(東京)2018.2.3.

    ・玉井 健太郎、橋本 士、松村 直紀、大關 孝之、本郷 祥子、杉本 公一、清水 信貴、 森 康範、南 高文、野澤 昌弘、能勢 和宏、吉村 一宏、植村 天受(近大)右心房に 至る左腎癌下大静脈腫瘍塞栓の一例. 第237回日本泌尿器科学会関西地方会(西 宮)2018.2.10.

    ・森 康範(近大)、菊池 尭(和泉市立)、齋藤 允孝(市立貝塚)、林 泰司(和泉市立)、 能勢 和宏(近大)、今西 正昭(富田林)、西岡 伯(近大堺)、秋山隆弘(堺温心会)、 植村 天受(近大)当科における先行的腎移植症例の検討. 第51回日本臨床腎移植 学会(神戸)2018.2.15

    ・齋藤 允孝(市立貝塚)菊池 尭(和泉市立)、森 康範(近大)、林 泰司(和泉市立)、 能勢 和宏(近大)、今西 正昭(富田林)、吉村 一宏(近大)、西岡伯(近大堺)、 秋山 隆弘(堺温心会)、植村 天受(近大)生体腎移植後細菌感染性心内膜炎にて僧帽 弁置換術を施工した1例. 第51回日本臨床腎移植学会(神戸)2018.2.16.

    ・菊池 尭、林 泰司、竹原 由紀子(和泉市立)、玉井 健太郎、植村 天受(近大)、西岡 伯、 津田 美紗緒(近大堺)足背壊死性筋膜炎と陰?創部治癒遅延に対しPICOを用いて 治癒した2症例. 日本スト-マ・排泄リハビリテ-ション学会誌第35回学会総会 (札幌)2018.2.23. 71

    ・齋藤 允孝(市立貝塚)森 康範、能勢 和宏、植村 天受(近大)長期の死線期を経た心 停止ドナーからの献腎移植を施行し、1年で廃絶に至った症例. 第2回近畿献腎移植症 例検討会(大阪)2018.2.24.

    ・上島 成也(大阪南医療センター)前立腺がん検診について河内長野市民大学くろ まろ塾(河内長野)2018.3.20

    ・清水 信貴(近大)過活動膀胱治療のパラダイムシフト~抗コリン剤・β3アゴニスト 製剤の使い分け~. 高齢者在宅医療セミナー(富田林)2018.3.8.

    ・本郷 祥子(近大)MRIを用いた健常女性骨盤底の検討. 第14回狭山泌尿器科研究会 (堺)2018.3.31.

    ・清水 信貴(近大)Therapeutic effects of p38 MAP kinase inhibitor on bladder dysfuntion in spinal cord injured(SCI)mice. 第14回狭山泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・橋本 士(近大)The relationship of testosterone and lower urinary tract symptoms after withdrawing dutasteride. 第14回狭山泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・明石 泰典(近大奈良)80歳以上の高齢者における前立腺癌治療の現状. 第14回狭山 泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・高橋 智輝(耳原)前立腺生検における精褱生検の意義. 第14回狭山泌尿器科研究会 (堺)2018.3.31.

    ・能勢 和宏(近大)DSA陽性症例における低用量IVIG療法併用脱感作療法が奏功し た腎移植3症例の検討. 第14回狭山泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・森 康範(近大)当科における先行的腎移植症例の検討. 第14回狭山泌尿器科研究会 (堺)2018.3.31.

    ・南 高文(近大)限局性前立腺癌に対する放射線療法後膀胱癌発症例の検討. 第14回 狭山泌尿器科研究会(堺) 2018.3.31.

    ・森 康範(近大)ヒト前立腺癌におけるSTAT3について. 第14回狭山泌尿器科研究 会(堺)2018.3.31.

    ・清水信貴(近大)遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおけるPD-L1免疫チェック ポイント阻害薬について. 第14回狭山泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・杉本 公一(近大)アンドロゲンレセプターを標的とした次世代アンチセンスオリゴム クレオチドとAKT阻害薬併用療法の治療効果の検討. 第14回狭山泌尿器科研究会 (堺)2018.3.31.

    ・桑原 賢(NTT西日本大阪)中間・高リスク局所性前立腺癌に対する先行内分泌療法・ 強度変調放射線治療の長期成績. 第14回狭山泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・豊田 信吾(近大)ADT施行中の前立腺癌患者での骨粗鬆症の検討.第14回狭山泌 尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・永井 康晴(大阪南医療センター)大阪南医療センタ-における鏡視下小切開前立腺全摘 除術の導入成績. 第14回狭山泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

    ・西野 安紀(大阪南医療センター)大阪南医療センタ-におけるTULの治療成績. 第14回 狭山泌尿器科研究会(堺)2018.3.31.

  • 学会発表(2016.4.1~2017.3.31)

    [国際学会]

    ・De Velasco.M.A., Kura Y., Ando N., Fukushima E., Hatanaka Y., Oki T., Yoshimura K., Nozawa M., Davies B.R.,Huszdai D., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. The Jak 1/2 inhibitor AZD 1480 suppresses tumor growth and metastasis in genetically engineered mouse models of PTEN-deficient prostate cancer. AACR(New orleans) 2016.4.19.

    ・ Kura Y., De Velasco.M.A., Sakai K., Fujita Y., Togashi Y., Terashima M.,

    Yoshikawa k., Nishio K., Uemura H. Altemative splicing is a frequent event in mouse PTEN-deficient prostate cancer. AACR(New orleans) 2016.4.19.

    ・Hatanaka Y., De Velasco.M.A., Kura Y., Sakai K., Fujita Y., Togashi Y., Terashima M., Yoshikawa k., Nishio K., Uemura H. Analysios of noncoding RNA expression in a mouse of PTEN-deficient prostate cancer. AACR(New orleans) 2016.4.19.

    ・Uemura H., De Velasco.M.A., Kura Y., Hatanaka Y., Oki T., Y amamoto Y., Sugimoto K., Mori Y., Yoshimura K., Nozawa M., Yoshikawa k., Nishio K. Effects of increased dietary fat consumption on prostate cancer progression in genetically engineered mice. AACR(New orleans) 2016.4.19.

    ・Sugimoto K., De Velasco.M.A., Kura Y., Hatanaka Y., Y amamoto Y., Oki T., Yoshimura K., Nozawa M., Yoshikawa k., Nishio K., Uemura H. Effects of oral chioroquine administration on a preclinical mouse model of PTEN/p53-deficient prostate cancer.

    AACR(New orleans) 2016.4.19.

    ・Wada N., Shimizu T., Takai S., Shimizu N., Pradeep Tyagi., William de Groat, Kanai A., Kakizaki H., Yoshimura N.

    Role of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) in lower urinary tract dysfunction of mice with spinal cord injury (SCI). AUA (San Diego)2016.5.7.

    ・Wada N., Shimizu T., Takai S., Shimizu N., Tyagi P., William de Groat, Kanai A., Kakizaki H., Yoshimura N. Comparison of the effects of brain-derived neurotrophic factor (BDNF) and nerve growth factor (NGF) inhibition on bladder function of mice with spinal cord injury (SCI). AUA (San Diego)2016.5.7.

    ・Takai S.,,Majima T., Shimizu N., Shimizu T., Wada N., Gotoh M. Goins W.,CohenJ.Giorioso J.,Yoshimura N. Herpes Simplex Virus (HSV) Vector-Mediated Gene Delivery of Poreless TRPV1 Channels or Protein Phosphate 1α (PP1α) Reduces Bladder Overactivity and Nociception in Rat Model of Cystitis Induced by Hydrogen Peroxide. AUA (San Diego)2016.5.7.

    ・ Shimizu T., ShimizuS., Wada N., Takai S., Shimizu N.,Kadekawa K.,

    Majima T. Higashi Y.,Saito M., Yoshimura N.

    Brain serotonin and corticotropin-releasing factor are involved in bombesin-induced frequent urination in rats. AUA (San Diego) 2016.5.7.

    ・ Minami T. The clinical role of procalcitonin for urinary tract infection caused by urinary stone. 13th International symposium on Urolithiasis (Chiba) 2016.7.19.

    ・Hayashi T., Saito Y., Mori Y., Nose K., Imanishi M., Nishioka T., Uemura H.,Akiyama T. Efficacy of Valganciclovir for Prevention of Cytomegalovirus in High-Risk Renal Transplantion. 26th International Congress of The Transplantation Society(Hobgkohg)2016.8.18.

    ・Shimizu N., Goins W., Takai S., Shimizu T., Wada N., Hirayama A., Uemura H., Tyagi P., Glorioso J., Yoshimura N. Herpes simplex virus (HSV) vector-mediated tracing and labelling of different populations of bladder afferent neurons in normal and spinal cord injured mice. ICS (Tokyo) 2016.9.14.

    ・Takai S.,Majima T., Shimizu N., Shimizu T., Wada N., Gotoh M., Goins W., Cohen J., Glorioso J., Yoshimura N.  The therapeutic effects of gene therapy with replication-deficient herpes simplex virus (HSV) vectors encoding poreless TRPV1 or protein phosphate 1A (PP1A) on bladder overactivity and nociception in a rat model of cystitis induced by hydrogen peroxide. ICS (Tokyo) 2016. 9.14.

    ・Wada N., Shimizu T., Shimizu N., Tyagi P., Kanai A., de Groat W., Kakizaki H., Yoshimura N. The Role of brain brain-derived neurotrophic factor (BDNF) and nerve growth factor (NGF) in bladder and urethral dysfunction in mice with spinal cord injury. ICS (Tokyo) 2016. 9.14.

    ・Wada N., Shimizu T., Shimizu N., Takai S., Tyagi P., Kakizaki H., Yoshimura N. Post-trauma bladder management strategy influences lower urinary tract dysfunction after spinal cord injury in the mouse model. ICS (Tokyo) 2016. 9.14.

    ・Shimizu T., Majima T., Kadekawa K., Shimizu N., Wada N., Takai S., Tyagi P., Saito M., Yoshimura N. Hyper excitability of capsaicin sensitive bladder afferent neurons from mice with neurogenic detrusor overactivity induced by spinal cord injury. ICS (Tokyo) 2016. 9.14.

    ・Shimizu T., Shimizu S., Wada N., Takai S., Shimizu N., Higashi Y., Kadekawa K., Majima T., Saito M., Yoshimura N.  Pharmacological characterization of brain serotonin receptor subtypes involved in bombesin-induced frequent urination in rat. ICS (Tokyo)2016. 9.14..

    ・Wada N., Shimizu T., Shimizu N., Takai S., Tyagi P., Kakizaki H., Yoshimura N. Combinational effects of muscarinic receptor inhibition and B3-adrenoceptor simulation on neurogenic bladder dysfunction in rats with spinal cord injury.

    ICS(Tokyo)2016. 9.14.

    ・Sugimoto K., Shimizu N.,Hashimoto M., Matumura N., Hongoh S., Minami T.,Nishioka T., Akiyama T.,Uemura H.  A randomized control trial comparing silodosin and urapidil in female pastients with lower urinary tract symotom-interim report-. ICS (Tokyo) 2016. 9.14.

    ・Takaoka Ei-ichiro., Takai S., Suzuki T, Shimizu N., Joonbeom Kwon., Christopher J., Chermansky, Yoshimura N. The therapeutic effect of TRPV4 activation in the bladder on voiding dysfunction in the rat model of underactive bladder. CURE-UAB ( Washington) 2017.3,9.

    [国内学会・講演]

    ・野澤昌弘(近大) ASCO GU2016 Topics. 南大阪RCC Symposium 2016 (大阪) 2016.4.7.

    ・橋本 士(耳原総合) 当院における前立腺導管癌5例の臨床的検討. 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・松村直紀(近大堺) 尿路変向後の患者における尿培養分離菌と抗菌薬感受性の検討. 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・松村直紀(近大堺) ザルティアは若い人ほど良く効き BPHのサイズは問わない? 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・大關孝之(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討. 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・杉本公一(近大) 女性の下部尿路症状に対するシロドシンとウラピジルの無作為化比較臨床試験(中間報告). 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・杉本公一(近大)  去勢抵抗性前立腺癌におけるPim-1 キナ-ゼ阻害薬 AZD1208の治療効果. 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・山本 豊(近大奈良) 前立腺癌における AKT/P13K および MAPK 経路阻害による治療相互作用について. 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・山本 豊(近大奈良) ハイリスク前立腺に対する根治的前立腺全摘と放射線療法のPSA再発に関する検討. 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・南 高文(近大) HLA-A24陽性腎細胞癌症例において Cancer reacive cytotoxic T lymphocytesを誘導しうるEpoR,PD-L1ペプチドの同定. 第12回 狭山泌尿器科研究会 (大阪) 2016.4.9.

    ・花井 禎、西野安紀、永井康晴、上島成也(大阪南医療センタ-) 骨盤内動脈奇形による頻尿

    ・血尿の1例. 第72回NGB研究会(大阪) 2016.4.16.

    . 野澤昌弘、杉本公一、永井康晴(近大)、杉山高秀(高石藤井)、畑中祐二(近大)、沖 貴士、田原秀男(耳原)、松田久雄(樫本)、山本 豊、植村天受(近大) 前立腺癌に対する初回アンドロゲン除去療法としてのデガレリクス/ビカルタミド併用療法とデガレリクス単独との比較試験. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.23.

    ・松村直紀、菊池 尭、林 泰司、森口直彦、西岡 伯(近大堺) 尿路変向後の患者における尿培養分離菌と抗菌薬感受性の検討. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.23.

    ・杉本公一、清水信貴(近大)、秋山隆弘(堺温心会)、橋本 士、西本光寿((近大)、松村直紀(近大堺)、本郷祥子(近大)、平山暁秀(近大奈良)、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大) 女性の下部尿路症状に対するシロドシンとウラピシルの無作為化比較臨床試験(中間報告). 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.23.

    ・南 高文、南 知子、清水信貴(近大)、山本 豊(近大奈良)、デベラスコ

    ・マルコ、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、原嶋奈々江、原田 守(島根大)、植村天受(近大)

    HLA-A24陽性腎細胞癌症例においてCancer-reactive cytotoxic T lymphocytesを誘導しうるEpoR,PD-L1ペプチドの同定. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.23.

    ・橋本 士、安田宗生、田原秀男(耳原) 当院における前立腺導管癌5例の臨床的検討. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.23.

    ・大關孝之、藤島一樹、高橋智輝、西野安紀、安富正悟、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.23.

    ・野澤昌弘、植村天受(近大)  高価腎細胞癌治療薬の現状. 第104回 日本泌尿器学会総会(仙台)2016.4.24.

    ・松村直紀、秋山幸太郎(堺温心会)、能勢和宏、杉本公一(近大)、秋山隆弘(堺温心会) ザルティアは若い人ほど良く効きBPHのサイズは問わない?. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.24.

    ・吉村一宏、南 高文、野澤昌弘、植村天受(近大) 前立腺癌に対する免疫療法. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.25.

    ・植村天受、吉村一宏、野澤昌弘、南 高文、杉本公一、倉 由吏恵(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人、デベラスコ

    ・マルコ(近大ゲノム)、植村天受(近大) 前立腺癌マウスモデルを用いたAKT阻害薬AZD5363の抗腫瘍効果の検討. 第104回 日本泌尿器科学会総会(仙台)2016.4.25.

    ・植村天受(近大) ヴォトリエントの使用経験から学んだこと. CORE@Webcast 2016 (大阪狭山) 2016.4.27.

    ・本郷祥子(近大) 温水洗浄便座の使用実態 ~老年期と成人期では異なるか~.第29回 日本老年泌尿器科学会 (福岡) 2016.5.14.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 緩和ケア概論. 第8回近畿大学PEACE緩和ケア研修会(大阪狭山)2016.5.14.

    ・菊池 尭、松村直紀、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、佐伯 翔(同 呼吸器内科)エベロリムス内服により遅発性器質化肺炎をきたした腎移植症例. 第232回 日本泌尿器科学会関西地方会(和歌山)2016.5.21.

    ・高橋智輝、藤島一樹、西野安紀、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大)精巣捻転後4ヶ月目に診断された精上皮腫の1例. 第232回 日本泌尿器科学会関西地方会(和歌山)2016.5.21.

    ・林 泰司、菊池 尭、齋藤允孝、森 康範、能勢和宏、今西正昭、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大)、秋山隆弘(温心会病院)移植腎仮性動脈溜破裂に対し人工血管置換術を施行した1症例. 腎移植・血管外科研究会(姫路) 2016.5.26.

    ・高橋智輝、藤島一樹、西野安紀、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大)、柳生行伸(同 放射線診断科) 腎 AML 内に形成された腎仮性動脈溜の1例. 腎移植・血管外科研究会(姫路) 2016.5.26.

    ・大關孝之、藤島一樹、高橋智輝、西野安紀、安富正悟、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) CVD療法で治療効果を得た左副腎皮質癌の1例. 第28回 日本内分泌外科学会総会(横浜) 2016.5.27.

    ・吉村一宏(近大) 前立腺がんのロボット手術. 第17回 がん診療アップデ-ト がん治療の最前線(河内長野) 2016.5.28.

    ・沖 貴士、豊田信吾、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本) 針型電極で経尿道的操作を同時施行した膀胱部分切除術の1例. 第12回 天王寺泌尿器科懇話会.(大阪)2016.6.9.

    ・能勢和宏、齋藤允孝、植村天受(近大)、西岡 伯(近大堺) 腎移植後悪性腫瘍のマネ-ジメント  ~特に消化器腫瘍について~. 第61回 日本透析医学会学術集会

    ・総会(大阪) 2016.6.10.

    ・本郷祥子(近大) cine MRIを用いた健常女性における骨盤底筋体操中の骨盤底筋の動き. 第18回 日本女性骨盤底医学会(北九州) 2016.6.11.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん性疼痛事例検討. 第47回まほろぼPEACE緩和ケア研修会(奈良)2016.6.11.

    ・本郷祥子(近大)、花井 禎(大阪南医療センタ-) dneMRIを用いた骨盤底筋の動き.第18回日本骨盤底医学会(北九州) 2016.6.12.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がんの基礎知識. 平成28年度大阪南がん看護研修教育プログラム(河内長野) 2016.7.2.

    ・杉本公一(近大) きりつ名人を用いた自立神経機能の検討. 第34回 南大阪泌尿器科研究会(堺) 2016.7.2.

    ・野澤昌弘(近大) 腎細胞がんの薬物療法. 第19回 南大阪がん地域連携会(大阪狭山) 2016.7.7.

    ・大關孝之(近大) ロボット手術のあれこれ. 第4回 KIDミ-ティング(大阪) 2016.7.9.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) つらさの包括的評価と症状緩和. 第48回まほろぼPEACE緩和ケア研修会(奈良)2016.7.9. 

    ・安富正悟(近大) 難治性 OABの薬物治療. 第5回 Young Urologist Forum in Osaka(大阪) 2016.7.15.

    ・杉本公一(近大) 生活習慣病に潜む過活動膀胱診療のポイント. 羽曳野市医師会学術講演会(羽曳野) 2016.7.16.

    ・平山暁秀(近大奈良) 過活動膀胱の診断と治療. 相楽綴喜医師会学術講演会 2016.7.16

    ・南 高文(近大) 化学療法未治療前立腺がん. 第3回 久留米がんワクチン研究会(久留米) 2016.7.23.

    ・江左篤宣(NTT西日本大阪) 夜間頻尿の病態とその対策. 高齢者疾患フォーラム(大阪)2016.7.23.

    ・植村天受(近大) Controversy in treatment of advanced prostate cancer. 第14回 日本臨床腫瘍学会学術集会(神戸) 2016.7.28.

    ・平山暁秀(近大奈良) 下部尿路症状と夜間頻尿、睡眠障害の関係 第4回姫路泌尿器科懇話会:2016.8.4

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん性疼痛事例検討. 第49回まほろぼPEACE緩和ケア研修会(奈良)2016.8.6.

    ・永井康晴、西野安紀、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-) 血尿について. 河内長野Urology Meeting2016(大阪)2016.8.12.

    ・野澤 昌弘(近大) 悪性軟部腫瘍の疫学、治療の現状と課題. The APEX (AII Japan Experts) Web Seminar of HALAVEN(大阪) 2016.8.23.

    ・植村天受(近大) 実臨床における腎がん薬物療法. 第35回 うつくしま泌尿器科研究会(福島) 2016.9.2.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 緩和ケアサポ-トチ-ムの取り組み. 第2回南河内地区事業連携会(河内長野) 2016.9.3.

    ・齋藤 允孝(近大) 腎移植後の悪性腫瘍マネジメントについて. 第87回 大阪透析研究会(大阪) 2016.9.4.

    ・平山暁秀(近大奈良) 下部尿路症状と夜間頻尿、睡眠障害の関係 尼崎泌尿器科医会:2016.9.8

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん性疼痛事例検討. 2016年河内二次医療緩和ケア研修会(河内長野) 2016.9.10.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 倦怠感. 2016年河内二次医療緩和ケア研修会(河内長野) 2016.9.10.

    ・野澤昌弘(近大) 腎がんに対する薬物治療. 第73回 成人病公開講座(大阪)2016.9.13.

    ・大森 直美、桑原 賢、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、南 高文、能勢和宏、野澤昌弘、吉村一宏、植村天受(近大) 右精巣腫瘍(骨髄外科質細胞腫)術後3年目に左精巣転移を来した1例. 第233回 日本泌尿器科学会関西地方会(大阪) 2016.9.24.

    ・豊田信吾、森 康範、橋本 潔、加藤良成、井口正典(市立貝塚)、山崎 大(同 病理) 急性陰嚢症で発症した growing teratoma syndrome の1例. 第233回 日本泌尿器科学会関西地方会(大阪) 2016.9.24.

    ・齋藤 允孝(近大)、菊池 尭(近大堺)、森 康範(市立貝塚)、林 泰司(近大堺)、能勢和宏(近大)、今西正昭(富田林)、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、秋山隆弘(堺温心会)、植村天受(近大) 当院における腎移植後新規発症糖尿病の検討. 第5回 日本移植学会総会(東京) 2016.9.30.

    ・倉 由吏恵(近大)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、坂井和子、藤田至彦、冨樫庸介、寺嶋雅人(近大ゲノム)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) PTENノックアウトマウス前立腺癌におけるノンコ-ディング RNAの検討. 第75回 日本癌学会学術総会(横浜) 2016.10.7.

    ・植村天受、倉 由吏恵、森 康範、畑中祐二、沖 貴士、杉本公一、吉村一宏、野澤昌弘(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、デベラスコ

    ・マルコ(近大、近大ゲノム) PTENノックアウト前立腺癌マウスモデルにおけるJAK 1/2 阻害による腫瘍増殖及び転移抑制効果の検討. 第75回 日本癌学会学術総会(横浜) 2016.10.7.

    ・デベラスコ

    ・マルコ(近大、近大ゲノム)、倉 由吏恵、坂井和子、藤田至彦、冨樫庸介、寺嶋雅人(近大ゲノム)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) PTENノックアウトマウス前立腺癌におけて選択的スプライシングは頻繁に認められる. 第75回 日本癌学会学術総会(横浜) 2016.10.7.

    ・杉本公一(近大)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、倉 由吏恵、森 康範、畑中祐二、沖 貴士、吉村一宏、野澤昌弘(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) PTEN/p53 ダブルノックアウト前立腺癌マウイスモデルにおけるクロロキン経口による治療効果. 第75回 日本癌学会学術総会(横浜) 2016.10.8.

    ・森 康範(近大)、デベラスコ・マルコ(近大、近大ゲノム)、倉 由吏恵、畑中祐二、沖 貴士、杉本公一、吉村一宏、野澤昌弘(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) 遺伝子改変と前立腺癌マウスモデルにおける高脂肪食摂取による腫瘍増殖について. 第75回 日本癌学会学術総会(横浜) 2016.10.8.

    ・野澤昌弘(近大) 腎細胞癌薬物療法の評価. 第81回 日本泌尿器科学会東部総会(青森) 2016.10.8.

    ・杉本公一(近大) RALP待機手術患者に対するメラトニン受容体アゴニスト:ラメルテオン非ベンゾジアゼピン系入眠剤:ゾルピデムの有効性と安全性の検討. 第5回 Future Aspects of Urologicak Management(東京) 2016.10.19.

    ・野澤昌弘(近大) Radium-223(ゾ-フィゴ)によるCRPC治療の実際. 第54回 日本癌治療学会学術集会(横浜) 2016.10.20.

    ・植村天受(近大) CRPC治療の現状tp最適化にむけた取り組み

    ・ジェブタナの使用経験から見えてきた新たな治療選択.第54回 日本癌治療学会学術集会(横浜) 2016.10.21.

    ・吉村一宏(近大) ペプチドワクチン療法の有用性と今後の展望. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.28.

    ・齋藤允孝、大森直美、桑原 賢、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、杉本公一、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 献腎移植後に可逆性白質脳症症候群(PRES)と考えられた1例. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.28.

    ・大關孝之、大森直美、桑原 賢、安富正悟、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.28.

    ・桑原 賢、大森直美、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロン療法の検討. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.28.

    ・西本光寿、沖 貴士、辻 秀憲、江左篤宣、小嶋啓子(NTT西日本大阪) 嚢胞性病変を随伴した前立腺癌の1例. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.28.

    ・菊池 尭、高橋智輝、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大)、佐伯 翔(近大堺呼吸器)、前倉俊治(同 病理) エベロリムス内服により遅発性器質化肺炎をきたした腎移植症例. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.29.

    ・野澤昌弘(近大) CRPCに対するタキサン系薬剤の位置付け. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.29.

    ・野澤昌弘(近大) 前立腺癌の化学療法.第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.29.

    ・豊田信吾、森 康範、加藤良成、井口正典(市立貝塚)、奥田康登(奥田泌尿器科)、山崎大(市立貝塚病理) 前立腺癌が疑われるPSA高値のBPHに対して、診断的治療をかねてTURPを行った症例の検討. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.29.

    ・松村直紀、橋本 士、田原秀男(耳原総合) 急激な転帰をとったEdwardsiella tada感染フルニエ壊疸の1例. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.29.

    ・野澤昌弘(近大) 前立腺癌の化学療法. 第66回 日本泌尿器科学会中部総会(四日市) 2016.10.29.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-)がん性疼痛事例検討. 第50回 まほろぼPEACE緩和ケア研修会(奈良)2016.11.5.

    ・永井康晴、西野安紀、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-) 頻尿と肉眼的血尿が保存的に軽快した骨盤部動奇形.第70回国立病院医学総会(沖縄)2016.11.11.

    ・西野安紀、永井康晴、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-) 右心室転移を認めた陰茎癌の1例.第70回国立病院医学総会 (沖縄) 2016.11.11.

    ・パネリスト 吉村一宏(近大)、辻畑正雄(大阪労災)、木山 賢(大阪府済生会中津)、井上貴昭(関西医科大総合医療センタ-)、田部 茂(仁真会白鷺)  テ-マ 尿路結石症に対する治療の現状と課題. 平成28年度 大阪泌尿器科臨床医会社員総会 第70回 学術集会(大阪) 2016.11.12.

    ・大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の初期成績. 第30回 日本泌尿器内視鏡学会総会(大阪) 2016.11.18.

    ・林 泰司、菊池 尭(近大堺)、齋藤允孝(近大)、森 康範(市立貝塚)、今西正昭(富田林)、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大)、秋山隆弘(堺温心会) 当院におけるハンドアシスト腹腔鏡下ドナ-腎摘除術の臨床的検討. 第30 日本泌尿器内視鏡学会総会(大阪) 2016.11.18.

    ・吉川 元清、 喜馬啓介、山本 豊、平山暁秀(近大奈良) PVP導入初期における一過性尿閉症例の形態学的原因検索.第30回 日本泌尿器内視鏡学会総会(大阪) 2016.11.18.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-)がん性疼痛事例検討. 第10回近畿大学PEACE緩和ケア研修会(大阪狭山)2016.11.19.

    ・吉村一宏(近大) 泌尿器手術におけるEnergy Deviceの選択. 第30回 日本泌尿器内視鏡学会総会(大阪) 2016.11.19.

    ・江左篤宣(NTT西日本大阪) 夜間頻尿は泌尿器科疾患か~その病態とその対策~.第18回兵庫近DOC会.(神戸)2016.11.19. 

    ・吉村一宏(近大) 副腎

    ・後腹膜腫瘍の診断と治療.第68回 西日本泌尿器科学会総会(山口) 2016.11.24.

    ・吉村一宏(近大) 前立腺がんの診断. 市民公開講座(大阪) 2016.11.26.

    ・パネラ- 東 治人(大阪医科大)、植村天受(近大)、小川 修(京都大)、藤澤正人(神戸大)  テ-マ男性の健康と腎泌尿器疾患. 市民公開講座(大阪)2016.11.26.

    ・南 高文(近大) 化学療法未治療去勢抵抗性前立腺癌に対する Personalized peptide vaccine immunotherapy + 低用量デキサメサゾン療法の検討. 第29回 日本バイオセラピィ学会学術集会総会(久留米) 2016.12.1.

    ・杉本公一(近大) 当院におけるザルティアの長期成績の検討. 第9回 大阪南泌尿器科談話会(大阪) 2016.12.3.

    ・西本光寿、杉本公一、清水信貴、橋本 士(近大)、松村直紀、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、南 高文、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、平山暁秀(近大奈良)、植村天受(近大) 夜間頻尿合併不眠患者に対するエスゾピクロンの検討. 第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.6.

    ・喜馬啓介、平山暁秀、吉川 元清、山本 豊、国方聖司(近大奈良) 選択的α1 ブロッカ-投与中の前立腺肥大症患者に対するタダレフィル交代療法の有用性. 第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.6.

    ・橋本 士(近大

    ・耳原総合)、松村直紀(耳原総合)、杉本公一(近大)、清水信貴(近大)、花井 禎(大阪南医療センタ-)、田原秀男(耳原総合)、平山暁秀(近大奈良)、吉村一宏、植村天受(近大) α受容体遮断薬で効果不十分である前立腺肥大症患者に対するタダラフィル追加投与の検討. 第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.6.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 前立腺癌診療 Update. 第1回南河内薬薬連携協議会(河内長野)2016.12.6.

    ・和田 直樹(旭川医科大

    ・ビッツバ-グ大)、清水孝洋、清水信貴、高井 崚(ビッツバ-グ大)、柿崎秀宏(旭川医科大)、吉村直樹(ビッツバ-グ大) 脊髄損傷モデルラットに対する抗コリン薬と 3刺激薬の併用療法の有効性評価. 第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.8.

    ・清水孝洋(ピッツバ-グ大

    ・高知大)、馬嶋 剛、嘉手川豪心、清水信貴、和田 直樹、高井 崚、Pradeep Tyagi(ピッツバ-グ大)、齋藤源顕(高知大)、吉村直樹(ピッツバ-グ大) 脊髄損傷マウスにおいてカプサイシン感受性膀胱求心性ニュ-ロンの興奮性が亢進する. 第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.8.

    ・和田直樹(旭川医科大)、清水孝洋、清水信貴(ピッツバ-グ大)、柿崎秀宏(旭川医科大)、Anthony K(ピッツバ-グ病院)、William de Groal(ピッツバ-グ大) 脊髄損傷モデルマウスの膀胱尿道機能におけるBDNFの役割. 第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.8.

    ・清水孝洋(ピッツバ-グ大

    ・高知大)、清水翔吾(高知大薬理学)、和田直樹、高井 崚、清水信貴(ピッツバ-グ大)、東洋一郎(高知大)、嘉手川豪心、馬嶋 剛(ピッツバ-グ大)、齋藤源顕(高知大)、吉村直樹(ピッツバ-グ大) ストレス関連ペプチドのボンベシンにより中枢性に誘発される頻尿に関与する脳内セロトニン受容体サブタイプの同定. 第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.8.

    ・平山 暁秀(近大奈良) 夜間頻尿が睡眠構築に与える影響とその治療戦略.第23回 日本排尿機能学会(東京) 2016.12.8.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん性疼痛事例検討. 第51回まほろぼPEACE緩和ケア研修会(奈良) 2016.12.10.

    ・大關孝之(近大) 局所治療後再発前立腺がんに対しロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)を施行した2例. 第29回 日本内視鏡外科学会総会(横浜) 2016.12.9.

    ・高橋 智輝、松村直紀、田原秀男(耳原)、木野茂生(同 病理診断) 骨盤内未分化癌の一例. 第21回 泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺) 2016.12.17.

    ・西野 安紀、永井康晴、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-)、星田 義彦(同 臨床検査) 前立腺神経内分泌癌の1例. 第21回 泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺) 2016.12.17.

    ・菊池 尭、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、前倉 俊治(同 病理) 若年性 CISの症例. 第21回 泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺) 2016.12.17.

    ・豊田 信吾、森 康範、加藤良成、井口正典(市立貝塚)、山崎大(同 臨床検査) 精嚢癌との鑑別に苦慮したPSA低値の前立腺癌の1例. 第21回 泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺) 2016.12.17.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん性疼痛事例検討. 第52回まほろぼPEACE緩和ケア研修会(奈良) 2017.1.7.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん診療におけるコミュニケ-ション. 第4回南河内地域がんリハ研究会(河内長野) 2017.1.13.

    ・植村 天受(近大) 腎細胞がんの新たな治療戦略  ~免疫チェックポイント阻害剤の登場でどう変わるか~. 高知 がん免疫療法セミナ-(高知) 2017.1.17.

    ・植村 天受(近大) 腎細胞癌治療における免疫チェックポイント阻害薬 1-O drug の位置づけ. OPDIVO RCC適応追加記念講演会 in 沖縄(沖縄) 2017.1.21.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん性疼痛事例検討. 第11回近畿大学PEACE緩和ケア研修会(大阪狭山) 2017.1.22.

    ・菊池 尭(近大) 当院におけるエンザルタミド使用症例の検討. 前立腺癌薬物療法 Update(堺) 2017.1.26.

    ・梶川博(泉大津) 高齢者のおしっこの悩み. 市民公開講座(泉大津) 2017.1.28.

    ・松村 直紀、橋本 士、田原秀男(耳原) 転移性去勢抵抗前立腺癌に対してアビラテロン治療中に劇症肝炎を生じた1例. 第234回 日本泌尿器科学会関西地方会(京都)2017.1.28.

    ・岸本 知巳、宮崎 隆夫(神原) 神原病院における泌尿器科一次救急の集計. 第234回 日本泌尿器科学会関西地方会(京都)2017.1.28.

    ・明石 泰典、畑中 祐二、今西 正昭(富田林) 精巣原発胎児型横紋筋肉腫の1例.第234回 日本泌尿器科学会関西地方会(京都)2017.1.28.

    ・西本光寿、桑原 賢、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪) 不眠症状を伴う前立腺疾患に対する睡眠薬の検討. 第5回 天王寺前立腺研究会(大阪)2017.2.9.

    ・植村天受(近大) CRPC における抗がん剤の位置づけ. CRPC 治療戦略講演会(札幌) 2017.2.10.

    ・菊池 尭、高橋智輝、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、齋藤允孝、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大)、森康範(市立貝塚)、今西正昭(富田林)、秋山隆弘(堺温心会) Fraiser 症候群からのFSGSに対し生体腎移植術を施行した1症例. 第50回 日本臨床腎移植学会(神戸) 2017.2.16.

    ・齋藤允孝、大森直美、桑原賢、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、杉本公一、清水信貴、南高文、野澤昌弘、能勢和宏、植村天受(近大) 献腎移植後に可逆性白質脳症症候群(PRES)と考えられた1例. 第50回 日本臨床腎移植学会(神戸) 2017.2.16.

    ・桑原 賢、齋藤允孝、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大)、原 靖(はら 腎泌尿器科)、今西正昭(富田林) everolimus による 難治性口内炎に半夏潟心湯が著効した1症例. 第50回 日本臨床腎移植学会(神戸) 2017.2.16.

    ・植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌の治療を再考する. 前立腺癌学術講演(姫路) 2017.2.24.

    ・野澤昌弘(近大) ジェブタナの使用経験から学ぶ. CRPC 講演会2017(東京) 2017.2.25

    ・花井 禎,西野安紀、永井康晴上島成也(大阪南医療センタ-) 当院でのLSC導入について.第6回Kongch Urology Meeting(大阪)2017.3.2.

    ・植村 天受(近大) 実臨床における腎がん薬物療法. RCC EXPert Meeting in Gunma(高崎) 2017.3.3.

    ・植村天受(近大) 前立腺癌治療UPDATE. Expert Seminar(新潟) 2017.3.4.

    ・西岡 伯(近大堺) 「腎移植者の長期生着について」~服薬

    ・悪性腫瘍

    ・自己管理~. 第111回 移植セミナ-(大阪) 2017.3.5.

    ・倉 由吏恵(近大)、デベラスコ マルコ(近大ゲノム)、杉本公一、南高文、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、西尾和人(近大ゲノム)、吉川和宏(愛知医科大)、植村天受(近大) 前立腺特異的 PTEN ノックアウトマウスモデルを用いたTranscriptome 解析. 第26回 泌尿器科分子

    ・細胞研究会(大分) 2017.3.11.

    ・西本光寿、桑原 賢、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪) 夜間頻尿を合併する不眠症状に対する治療効果について. 桃谷生活習慣病フォ-ラム2017(大阪) 2017.3.11.

    ・辻 秀憲、西本光寿、桑原 賢、江左篤宣(NTT西日本大阪) 尿路結石症と生活習慣について.桃谷生活習慣病フォ-ラム2017(大阪) 2017.3.11.

    ・本郷祥子(近大)、花井 禎、西野安紀(大阪南医療センタ-) LSC手術における尿管の走行. 第11回日本骨盤臓器脱手術学会(東京)2017.3.11.

    ・杉本公一、吉村一宏、野澤昌弘、南 高文、倉 由吏恵(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、デベラスコマルコ(近大ゲノム)、植村天受(近大)

    遺伝子改変前立腺癌マウスモデルにおける JAK1/2 阻害による腫瘍増殖抑制効果及び全生存率の検討. 第26回 泌尿器科分子

    ・細胞研究会(大分) 2017.3.11.

    ・清水孝洋(高知大)、馬嶋 剛、嘉手川豪心、清水信貴、和田直樹、高井峻、Tyagi pradeep(ピッツバ-グ大)、齋藤源顕(高知大)、吉村直樹(ピッツバ-グ大)  脊髄損傷マウスにおけるカプサイシン感受性膀胱求心性ニュ-ロンの興奮性亢進.第26回 泌尿器科分子

    ・細胞研究会(大分) 2017.3.11.

    ・本郷祥子(近大

    ・大阪南医療センタ-)、花井 禎、西野安紀、永井康晴、上島成也(大阪南医療センタ-)、植村天受(近大) LSC手術における尿管の走行. 第11回 日本骨盤臓器脱手術学会学術集会(東京) 2017.3.11.

    ・清水孝洋(高知大)、清水翔吾、和田直樹、高井峻、清水信貴、東洋一郎、嘉手川豪心、馬嶋 剛、吉村直樹(ピッツバ-グ大)、齋藤源顕(高知大) ストレス関連ペプチドのボンベシンは脳内セロトニン神経系を介して頻尿を惹起する. 第90回 日本薬理学会(長崎)2017.3.15.

    ・植村天受(近大)腎細胞癌治療における免疫チェックポイント阻害薬1-0 drug の位置づけ. Tokyo RCC Immuno-Oncology Seminar(東京) 2017.3.17.

    ・コメンテ-タ- 木村剛(日本医科大)、植村天受(近大)、玉田耕治(山口大大学院)Tokyo RCC Immuno-Oncology Seminar(東京) 2017.3.17.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-)つらさの包括評価と症状緩和. 第3回泉大津市立病院PEACE緩和ケア研修会(泉大津) 2017.3.18.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 倦怠感. 第3回泉大津市立病院PEACE緩和ケア研修会(泉大津) 2017.3.18.

    ・野澤昌弘(近大) 前立腺癌の薬物療法. 第11回 Shiga Young Urologist Seminar(滋賀) 2017.3.24.

    ・植村 天受(近大) 腎細胞癌の新たな治療戦略 -免疫チェっクポイント阻害剤の登場でどう変わるか-. 神奈川県泌尿器がん治療研究会(厚木) 2017.3.24.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 緩和ケア概論. 第1回PL病院EACE緩和ケア研修会(富田林) 2017.3.25.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) がん性疼痛事例検討. 第1回PL病院EACE緩和ケア研修会(富田林) 2017.3.25.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 倦怠感. 第1回PL病院EACE緩和ケア研修会(富田林) 2017.3.25.

    ・ディスカッサント  稲元輝生(大阪医科大)、玉田聡(大阪市立大)、植村元秀(大阪大)、木下秀文(関西医科大)、杉本公一(近大) 腎細胞癌治療の新たな幕開け. RCC expert consensus meeting in Osaka(大阪)2017.3.31.

  • 学会発表(2015.4.1~2016.3.31)

    [国際学会]

    ・Kura Y., De Velasco M.A., Ando N., Fukushima E., Davies B.R., Huzder D.,Yamamoto Y., Hatanaka Y., Oki T., Shimizu N., Yoshimura K., Nozawa M., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. Chloroquine demonstrates limited effectiveness in an autochthonous preclinical model of prostate cancer.
    AACR(Philadelphia) 2015.4.20.

    ・ De Velasco M.A., Yamamoto Y., Kura Y., Fukushima E., Ando N., Davies B., Hatanaka Y., Oki T., Shimizu N., Nozawa M., Yoshikawa K., Yoshimura K., Nishio K., Uemura H. Preclincal effects of dual AKT/MAPK inhibition in PTEN-deficient prostate cancer. AACR(Philadelphia) 2015.4.20.

    ・ De Velasco M.A.,Oki T., Kura Y.,Ando N., Fukushima E., Davies B.R., Huszar D., Yamamoto Y., Hatanaka Y., Shimizu N., Yoshimura K., Nozawa M., Yoshikawa K., Nishio K.,Uemura H. Evaluation of pim-1 kinase inhibition in a preclinical model of mouse prostate cancer. AACR(Philadelphia) 2015.4.20.

    ・Yoshikawa K., De Velasco M.A., Kura Y., Ando N.,Fukushima E., Yamamoto Y., Hatanaka Y., Oki T., Shimizu N., Yoshimura K., Nishio K., Uemura H.
    Effects of long-term chloroquine chemotherapy in a preclinical model of PTEN-deficier prostate cancer. AACR(Philadelphia) 2015.4.21.

    ・De Velasco M.A., Kura Y., Ando N.,Fukushima E., Davies B.R.,Campbell H.,
    Hatanaka Y., Yamamoto Y., Shimizu N., Nozawa M., Yoshimura K., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. Inhibition of mouse PTEN-deficient prostate cancer with next generation antisense oligonucleotide targeting the androgen receptor. AACR(Philadelphia) 2015.4.21.

    ・ De Velasco M.A., Hatanaka Y., Kura Y., Fukushima E., Ando N., Davies B.R., Yamamoto Y., Oki T., Shimizu N., Yoshimura K., Nozawa M., Yoshikawa K., Nishio K., Uemura H. Preclinical activity of the AKT inhibitor AZD5363 in PTEN-deficient mouse models of prostate cancer.
    AACR(Philadelphia) 2015.4.21.

    ・NozawaM., Sugiyama T., Sugimoto K., Nagai Y., Hatanaka Y.,Oki T.,Tahara H.,Matsuda H., Uemura H. Phase II study of degarelix/bicalutamide combination for prostate cancer. ASCO Annual Meetihg 2015.

    ・ Hayashi T., Saito Y., Mori Y., Nose K., Imanishi M., Ishii T., Nishioka T., Uemura H.,Akiyama T. Efficacy and Safety of everolimus and Mizoribine Based Early Phase deep CNI Minimization Immumosuppressant Therapy For de novo Kidney Transplant Recipients. CAST 2015.9.25.

    ・Nozawa M. Sugimoto K., Nagai Y., Sugiyama T., Hatanaka Y., Oki T., Tahara H., Matsuda H., Yamamoto Y., Uemura H. Degarelix/bicalutamide combination versus degarelix alone as initial androgen-deprivation therapy. ASCO-GU(San Francisco)2016,1.7-1.9.

    ・Nozawa M. Minami T., Yoshimura K.,Uemura H. Vaccine therapy for Prostate cancer. East Asia Urologic OncologySymposium(Koria)2016.3.24..

    [昨年度の翔天で掲載出来なかった国際学会]

    [国内学会・講演]

    ・平山暁秀(近大奈良)夜間頻尿に対するetc. 第6回 山梨排尿障害セミナ-(山梨)2015.4.2.

    ・橋本 士(近大) 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド(DUT) 休薬の影響. 第11回 狭山泌尿器科研究会(堺)2015.4.4.

    ・西本光寿(市立貝塚) 夜間頻尿合併不眠患者に対するエスゾピクロンの検討.
    第11回 狭山泌尿器科研究会 (堺)2015.4.4.

    ・永井康晴(大阪南医療センタ-) Female sex workers(FSWs)の性機能、下部尿路症状の検討. 第11回 狭山泌尿器科研究会(堺)2015.4.4.

    ・安田宗生(耳原総合) 当院における経尿道的バイポ-ラ前立腺核出術(TUEB)の臨床的検討. 第11回 狭山泌尿器科研究会 (堺)2015.4.4.

    ・沖 貴士(NTT西日本大阪病院) 去勢抵抗性前立腺癌におけるP13K-Akt とARシグナル伝達経路をタ-ゲットにした治療戦略について. 第11回 狭山泌尿器科研究会(堺)2015.4.4.

    ・大關 孝之(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討.第11回 狭山泌尿器科研究会(堺)2015.4.4.

    ・杉本公一(近大堺) 繰り返す尿閉患者のカテ-テル抜去へのChE Inhibitor(アコファイド)の有効性. 第11回 狭山泌尿器科研究会(堺)2015.4.4.

    ・畑中祐二(富田林) 前立腺全的摘症例におけるグリソンスコアのUP gradeの臨床的意義. 第11回 狭山泌尿器科研究会(堺)2015.4.4.

    ・畑中祐二(富田林) PTEN欠損前立腺癌発症マウスモデルによる cell lineの確立と特性. 第11回 狭山泌尿器科研究会(堺)2015.4.4.

    ・清水 信貴(近大) 百瀬先生からの宿題:低活動膀胱について. 第69回 NGB 研究会(大阪)2015.4.4.

    ・鳥本一匤(奈良県立医科大)、平山暁秀(近大奈良)、松下千枝、松本吉弘、山田篤(奈良県立医科大)、平尾佳彦(奈良県立医科大 産学官連携推進センタ-)、藤本清秀(奈良県立医科大) 睡眠状態と排尿関連因子の関係 ~睡眠脳波を用いた検討~. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.18.

    ・大關孝之、明石泰典、橋本 士、安富正悟、齋藤允孝、清水信貴、山本 豊、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.18.

    ・沖 貴士(NTT西日本大阪病院)、デベラスコマルコ(近大・近大ゲノム)、倉由吏恵(近大)、畑中祐二(近大・富田林)、山本 豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、小池 浩之(近大)、吉川和宏(愛知医科大細胞治療センタ-)、西尾和人(近大ゲノム)、植 村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌における P13K-AKtと AR シグナル伝達経路をタ-ゲットにした治療戦略について. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.18.

    ・畑中祐二、菊池 尭(富田林)、安田宗生、齋藤充孝(近大)、今西正昭(富田林)
    前立腺全摘症例におけるグリソンスコアの UP grade の臨床的意義. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.18.

    ・安田宗生、坂野恵里(耳原総合)、清水信貴(近大)、田原秀男(耳原総合) 当院における経尿道的バイポ-ラ前立腺核出術(TUEB)の臨床的検討. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.18.

    ・西本光寿、清水信貴、杉本公一、橋本 士(近大)、松村直紀、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、南 高文、野澤昌弘、吉村一宏、植村天受(近大)、平山暁秀(近大奈良)夜間頻尿合併不眠患者に対するエスゾピクロンの検討. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.19

    ・杉本公一、清水信貴、橋本 士、西本光寿(近大)、松村直紀、林 泰司、能勢和宏、西岡 伯(近大堺)、秋山隆弘(堺温心会)、植村天受(近大) 繰り返す尿閉患者のカテ-テル抜去へのChE Inhibitor(アコファイド)の有効性. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.19.

    ・永井康晴(大阪南医療センタ-・近大)、清水信貴、西本光寿、植村天受(近大)、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-)、小澤千咲、小島秀吾(国際医療福祉大)
    第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.20.

    ・橋本 士(近大・耳原総合)、清水信貴、杉本公一、西本光寿、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、安田宗生、田原秀男(耳原総合)、吉川元清、平山暁秀(近大奈良)、植村天受(近大) 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド(DUT)休薬の影響. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.20.

    ・吉川 元清、平山暁秀(近大奈良)、清水信貴(近大)、鳥本一匡、藤本清秀(奈良医大)、植村天受(近大) 臥位による下肢水分移行が夜間尿量へ及ぼす影響の検討. 第103回 日本泌尿器科学会総会(金沢)2015.4.21.

    ・植村天受(近大) 進行性腎細胞癌に対する集学的治療と今後の展望. 山口RCCチ-ム医療懇話会(山口) 2015.4.24.

    ・植村天受(近大) CRPCにおける抗がん剤の位置づけ. 前立腺がん治療を考える会(呉) 2015.5.21.

    ・橋本 士(耳原総合) 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド(DUT)休薬の影響. 第4回 近畿泌尿器研究会(大阪)2015.5.23.

    ・畑中 祐二(富田林) 前立腺全摘除症例におけるグリソンスコアの up grade の臨床的意義. 第4回 近畿泌尿器研究会(大阪)2015.5.23.

    ・西本 光寿(大阪南医療センタ-) 夜間頻尿合併不眠症患者に対するエスゾピクロンの検討. 第4回 近畿泌尿器研究会(大阪)2015.5.23.

    ・松村 直紀(近大堺) 精巣奨膜に小細胞癌の転移が疑われた陰嚢水腫の一例.第4回 近畿泌尿器研究会(大阪)2015.5.23.

    ・豊田 信吾(NTT西日本大阪病院) 膀胱憩室内に発症した Nephrogenic adenoma の1例. 第4回 近畿泌尿器研究会(大阪)2015.5.23.

    ・橋本 士、安田宗生、田原秀男(耳原総合)、松井太(大阪母子保健医療センタ-)尿道狭窄に対して口腔粘膜を移植し、排尿良好となったⅠ例. 第229回 日本泌尿器科学会関西地方会(大阪)2015.5.23.

    ・豊田 信吾、沖 貴士、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪) 膀胱憩室内に発症した nephrogenic adenoma の1例. 第229回 日本泌尿器科学会関西地方会(大阪)2015.5.23.

    ・植村 天受(近大) 進行性腎細胞癌に対する集学的治療と今後の展望. 福井泌尿器科医会5月例会(福井)2015.5.28.

    ・平山暁秀(近大奈良) 過活動膀胱に関するetc. 第9回 Urologh study(福岡)2015.5.28.

    ・田原秀男(耳原総合) 前立腺がんの薬物治療について. 堺市民公開講座  ちょつとお特な前立腺がんの話(堺) 2015.5.30.

    ・吉村一宏(近大) 前立腺がんの手術について. 堺市民公開講座  ちょつとお特な前立腺がんの話(堺) 2015.5.30.

    ・平山暁秀(近大奈良) 過活動膀胱に対するパラダイムシフト. 松原市医師会学術講演(松原)2015.6.6.

    ・野澤昌弘(近大) 近畿大学医学部附属病院におけるエンザルタミドの使用経験. 南大阪前立腺癌講演会(堺)2015.6.11.

    ・植村天受(近大) m RCCにおける新しい治療戦略.  RCC Clinical Camp in 茨城(つくば) 2015.6.16.

    ・植村天受(近大) CRPCにおける抗がん剤の位置づけ. 高知前立腺がんフォ-ラム(高知)2015.6.18.

    ・豊田信吾、沖 貴士、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪) Fournier,s gangrene12例の治療経験. 第11回天王寺泌尿器科懇話会(大阪)2015.6.18.

    ・野澤昌弘(近大) CRPCに対する化学療法. 函館CRPCカンファレンス(函館) 2015.6.26.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 突出痛に対する新たな治療戦略. 第16回 Osaka cancer care forum(大阪)2015.7.3. パネルディスカッション

    ・堀大輔(ほり泌尿器科クリニック)、 杉本公一(近大)、平林康男(橋本市民病院)、青山真人(PL病院) 前立腺肥大症の治療戦略. 第33回 南大阪泌尿器科研究会(堺) 2015.7.4.

    ・江左篤宣(NTT西日本大阪) 上部尿路結石手術の今、低侵襲体外衝撃波破砕術(ESWL)を再考する. 第2回 地域医療連携フォ-ラム大阪(天王寺)2015.7.4.

    ・林 泰司、 菊池 尭、松村直紀(近大堺)、杉本公一、能勢和宏(近大)、今西正昭(富田林)、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大)、秋山隆弘(堺温心会) 腎移植後サイトメガロ感染症に対するバルガンシクロビル予防投与について. 第24回 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会(大阪)2015.7.9.

    ・野澤 昌弘(近大) 前立腺癌患者における骨マネジメント. 第24回 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会(大阪) 2015.7.10.

    ・植村天受(近大) CRPCにおける抗がん剤の位置付け. ナナクマUrologic cancer seminar(福岡)2015.7.10.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 癌性疼痛の治療と評価. 第39回 まほろばPEACE緩和ケア研修会(大阪)2015.7.11.

    ・杉本 公一(近大) 低活動膀胱に対する薬物治療. 第3回 KIDミ-ティング(大阪) 2015.7.11.

    ・平山暁秀(近大奈良) 過活動膀胱患者に対する診療アルゴリズム. OAB解決セミナ-in大阪東(大阪)2015.7.11.

    ・野澤昌弘(近大)、杉山高秀(高石藤井病院)、杉本公一(近大堺)、永井康晴(大阪南医療センタ-)、畑中祐二(富田林)、沖 貴士(NTT西日本大阪)、田原秀男(耳原総合)、松田久雄(樫本病院)、吉川元清(近大奈良)、植村天受(近大) 前立腺癌に対するデガレリクス/ビカルタミド併用療法. 第13回 日本臨床腫瘍学会学術集会(札幌) 2015.7.16.

    ・上島成也(大阪南医療センタ-) 包括的評価と症状緩和. 近畿大学緩和ケア研修会(大阪狭山)2015.7.18.

    ・植村天受(近大) mRCCにおける新しい治療戦略. RCC Forum 栃木(宇都宮)2015.7.23.

    ・杉本 公一(近大) 当院でのザルティア使用経験. ザルティアR 錠発売1周年記念講演会(大阪)2015.7.25.

    ・花井 禎(大阪南医療センタ-) 男性の下部尿路症状について. 泉佐野泉南医師会勉強会(泉佐野)2015.7.25.

    ・大關孝之(近大) 分子標的薬の予後規定因子. 第4回 Young Urologist Forum in Osaka [YUFO](大阪)2015.7.31.

    ・植村天受(近大) 前立腺癌の基礎研究から臨床応用まで. 第106回 徳島県泌尿器科疾患研究会(徳島)2015.8.11.

    ・桑原 賢、森 康範、加藤良成、井口正典(市立貝塚) 夜尿、切迫性尿失禁を主訴とした真性包茎の1例. 第18回 大阪小児泌尿器疾患検討会(大阪)2015.8.21.

    ・永井康晴、西本光寿、花井 禎、上島成也((大阪南医療センタ-) 前立腺がんの最近の治療方針について. 河内長野Urology meeting(河内長野)2015.8.22.

    ・花井 禎、西本光寿、永井康晴、上島成也((大阪南医療センタ-) 女性泌尿器科疾患について. 河内長野Urology meeting(河内長野)2015.8.22.

    ・江左篤宣(NTT西日本大阪) 泌尿器科領域の保険審査で留意していただきたいこと. 平成27年大阪府保険医協会学術研究会(大阪)2015.8.29.

    ・植村天受(近大) 前立腺癌に対する基礎研究から臨床研究. 第5回 千葉21世紀泌尿器科セミナ-(千葉)2015.9.4.

    ・野澤 昌弘(近大) 分子標的治療薬の現状と課題. RCC Expert Seminar(東京)2015.9.5.

    ・杉本 公一、清水信貴(近大)、秋山隆弘(堺温心会)、橋本 士(近大)、松村直紀(近大堺)、本郷祥子(近大)、平山暁秀(近大奈良)、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大) 女性の下部尿路症状に対するシロドシンとウラピジル の無作為化比較臨床試験(中間報告). 第22回 日本排尿機能学会(旭川)2015.9.9.

    ・松村直紀(近大堺)、杉本公一(近大)、秋山隆弘(堺温心会)、橋本 士、西本光寿(近大)、菊池 尭(近大堺)、本郷祥子、清水信貴(近大)、林 泰司(近大堺)、能勢和宏(近大)、平山暁秀(近大奈良)、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大) 繰り返す尿閉患者のカテ-テル抜去へのアコファイドの有効性. 第22回 日本排尿機能学会(旭川)2015.9.9.

    ・喜馬啓介、平山暁秀、吉川元清、山本 豊、国方聖司(近大奈良)、清水信貴(近大)、鳥本一匤、藤本清秀(奈良県立医科大)、植村天受(近大) 臥位による下肢水分移行が夜間尿量へ及ぼす影響の検討. 第22回 日本排尿機能学会(旭川)2015.9.9.

    ・橋本 士(耳原総合、近大)、清水信貴、杉本公一、西本光寿(近大)、安田宗生(耳原総合)、吉川元清(近大奈良)、田原秀男(耳原総合)、吉村一宏、植村天受(近大)、平山暁秀(近大奈良) 中長期デュタステリド投与中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド(DUT)休薬の影響. 第22回 日本排尿機能学会(旭川)2015.9.9.

    ・永井康晴(近大、大阪南医療センタ-)、清水信貴、植村天受(近大)、西本光寿、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-)、安田宗生(耳原総合)、小澤千咲、小畠秀吾(国際医療福祉大) Female sex workers(FSWs)の性機能の検討. 日本性機能学会 第26回 学術総会/第25回 西部総会(福岡) 2015.9.19.

    ・吉川元清、喜馬啓介、山本 豊、平山暁秀、国方聖司(近大奈良) 膀胱癌骨髄転移の1例. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・西本光寿、永井康晴、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-) 肉眼的血尿を契機に診断された膀胱原発 DLBCL. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・沖 貴士、豊田信吾、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本) 針型電極で経尿道的操作を同時施行した膀胱部分切除の1例. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・菊池 尭、松村直紀、林 泰司、西岡 伯(近大堺) 献腎移植後の巣状糸球体硬化症再発に対し集学的治療が奏功した1症例. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・安富正悟、藤島一樹、高橋智輝、西野安紀、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大)、榎木英介、木村雅友(同 病理) CVD療法で治療効果を得ている左副腎皮質癌の1例. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・西野安紀、藤島一樹、高橋智輝、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、杉本公一、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 女性傍尿道平滑筋腫の1例. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・桑原 賢、森 康範、加藤良成、井口正典(市立貝塚)、中矢泰裕(同 放射線) MRI 拡散強調画像が診断に有用であった、外傷後腎に発性した左腎盂癌の1例. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・松村直紀、菊池 尭、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、前倉俊治(同 病理) 全尿路上皮癌の1例. 第230回 日本泌尿器科学会関西地方会(東大阪)2015.9.26.

    ・齋藤允孝(近大) 脂質異常症合併腎移植患者に対する ?-3脂肪酸エチルの腎保護作用の短期成績. 第51回 日本移植学会総会(熊本)2015.10.2.

    ・永井康晴、西本光寿、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-) 根治的腎摘術後13年目に晩期再発を来たした1例. 第69回国立病院総合医学会(札幌)2015.10.3.

    ・西本光寿、永井康晴、花井 禎、上島成也(大阪南医療センタ-) 血精液症を契機に診断し得た原発性精嚢癌の1例. 第69回国立病院総合医学会(札幌)2015.10.3.

    ・植村天受(近大) mRCCにおける新しい治療戦略. わかしゃち泌尿器科セミナ-(名古屋) 2015.10.7.

    ・杉本 公一、デベラスコマルコ、倉 由吏恵、山本 豊、畑中 祐二、 沖 貴士、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) PTEN 欠損前立腺癌マウスモデルにおけるオ-トファジ-阻害薬CQによる長期治療効果について. 第74回 日本癌学会学術総会(名古屋) 2015.10.9.

    ・植村天受、倉 由吏恵、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、デベラスコマルコ(近大・近大ゲノム) マウス前立腺癌モデルを用いたAKT阻害薬 AZD 5356の抗腫瘍効果. 第74回 日本癌学会学術総会(名古屋) 2015.10.9.

    ・山本 豊、デベラスコマルコ、倉 由吏恵、畑中祐二、沖 貴士、清水信貴、野澤昌弘(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、吉村一宏(近大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) 前立腺癌におけるAkt/P13KおよびMAPK経路阻害の治療相乗効果について. 第74回 日本癌学会学術総会(名古屋) 2015.10.9.

    ・倉 由吏恵、デベラスコマルコ、沖 貴士、山本 豊、畑中祐二、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するPim-1 キナ-ゼ阻害薬 AZD1208の治療効果. 第74回 日本癌学会学術総会(名古屋)2015.10.9.

    ・畑中祐二、デベラスコマルコ、倉 由吏恵、山本 豊、沖 貴士、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) 前立腺癌に対するオ-トファジ-阻害薬CQと分子標的薬の併用療法について. 第74回 日本癌学会学術総会(名古屋)2015.10.10.

    ・デベラスコマルコ、倉 由吏恵、畑中祐二、山本 豊(近大)、吉川和宏(愛知医科大)、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏(近大)、西尾和人(近大ゲノム)、植村天受(近大) アンドロゲン受容体に対する次世代アンチセンスオリゴヌクレオチドを用いた前立腺癌治療. 第74回 日本癌学会学術総会(名古屋)2015.10.10.

    ・杉本公一(近大) LUTS/BPH治療におけるPDE5阻害剤の位置づけとは -自験例を交えて-. 南大阪ザルティア錠1周年記念講演会(堺) 2015.10.10.

    ・植村天受(近大) 転移性腎癌に対する集学的治療 -ソラフェニブの立ち位置は-. 第7回 信州腎癌研究会(松本) 2015.10.17.

    ・吉村一宏(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対する免疫療法. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.23.

    ・安富正悟、杉本公一、高橋智輝、藤島一樹、西野安紀、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 高齢前立腺癌患者における好中球/リンパ球比(NLR)と予後との関連. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.23.

    ・野澤昌弘(近大) HSPCに対する治療戦略. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.24.

    ・野澤昌弘(近大) 高齢患者に対する薬剤選択. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.24.

    ・山本 豊、喜馬啓介、吉川元清、平山暁秀、国方聖司(近大奈良) 前立腺全摘除術を施行した高リスク前立腺癌の層別化の検討. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.24.

    ・喜馬啓介、平山暁秀、吉川元清、山本 豊、国方聖司(近大奈良)、藤本清秀(奈良県立医科大)、植村天受(近大) 夜間睡眠中の体水分変化が夜間尿量へ及ぼす影響の検討・電気インピ-ダンス法による解析. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.24.

    ・杉本公一、野澤昌弘、藤島一樹、高橋智輝、西野安紀、安富正悟、大關孝之、本郷祥子、齋藤允孝、清水信貴、南 高文、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 転移性腎癌に対するパゾパニブの使用経験. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.24.

    ・花井 禎、西本光寿、永井康晴、上島成也(大阪南医療センタ-) 副腎皮質癌本邦報告79例の臨床的検討. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.24.

    ・松村直紀、菊池 尭、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、杉本公一、大關孝之、齋藤允孝、本郷祥子、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 当院におけるタダラフィルの使用経験. 第65回 日本泌尿器科学会中部総会(岐阜)2015.10.25.

    ・齋藤允孝(近大) 転移性前立腺癌に対するドセタキセル導入時期について.第4回 Future Aspects of Urological Management(大阪) 2015.10.28.

    ・大關孝之、藤島一樹、高橋智輝、西野安紀、安富正悟、本郷祥子、齋藤允孝、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミド療法の検討. 第53回 日本癌治療学会学術集会(京都)2015.10.29.

    ・南 高文、高橋智輝、藤島一樹、西野安紀、安富正悟、大關孝之、齋藤允孝、本郷 祥子、杉本公一、清水信貴、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 去勢抵抗性前立腺癌に対する abiraterone療法の検討. 第53回 日本癌治療学会学術集会(京都)2015.10.29.

    ・松村直紀(近大堺) ACDK関連腎癌に対するソナゾイドを用いた造影超音波の検討. 第53回 日本癌治療学会学術集会(京都)2015.10.30.

    ・野澤昌弘(近大) CRPCに対する化学療法の役割. 第67回 西日本泌尿器科学会総会(福岡) 2015.11.6.

    ・豊田信吾、沖 貴士、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪) 転移性去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの初期治療経験. 第67回 西日本泌尿器科学会総会(福岡)2015.11.7.

    ・野澤昌弘(近大) CRPCに対する化学療法. 大阪CRPC Meeting(大阪)2015.11.10.

    ・野澤昌弘(近大) ガイドライン及びエビデンスから見たmRCC治療戦略. CORE@South Osaka 2015(堺)2015.11.12.

    ・パネリスト 任 幹夫(大阪労災)、西澤 哲(りんくう総合医療センタ-)、齋藤允孝(近大)、武田 建(堺市立総合医療センタ-) Disucussin mRCC 1st Line 治療 徹底討論 . CORE@South Osaka 2015(堺)2015.11.12.

    ・植村天受(近大) 前立腺癌に対する基礎研究から臨床研究. 第2回 F&A CRPC研究会(名古屋) 2015.11.13.

    ・吉村一宏(近大) 前立腺がんの診断. 第2回 大阪腎泌尿器疾患研究財団市民公開講座 (大阪)2015.11.14.

    ・野澤昌弘(近大) 薬物療法. 第2回 大阪腎泌尿器疾患研究財団市民公開講座 (大阪)2015.11.14.

    ・パネリスト 東 治人(大阪医科大)、植村天受(近大)、原 勲(和歌山医科大)、藤澤正人(神戸大)、松田公志(関西医科大) テ-マ 排尿障害と前立腺がん. 第2回 大阪腎泌尿器疾患研究財団 市民公開講座 (大阪)2015.11.14.

    ・パネリスト  杉本公一(近大)、青山輝義(関西電力病院)、今津哲央(市立豊中)前川たかし(前川泌尿器科)  テ-マ 高齢者  前立腺癌の診断と治療  -どこまで行うか?-. 平成27年度 大阪泌尿器科臨床医会臨時総会 第68回 学術集会(大阪)2015.11.14.

    ・吉川元清、喜馬啓介、山本 豊、平山暁秀(近大奈良)、植村天受(近大)当院におけるPVPの初期成績の検討. 第29回 日本泌尿器内視鏡学会総会(東京)2015.11.20.

    ・大關孝之、 齋藤允孝、杉本公一、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、能勢和宏、吉村一宏、植村天受(近大) 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の初期成績. 第29回 日本泌尿器内視鏡学会総会(東京)2015.11.20.

    ・野澤昌弘(近大) 分子標的治療薬の現状と課題. RCC Seminar in KANAZAWA(金沢) 2015.12.1.

    ・アドバイザ-  野澤昌弘(近大) パネルディスカッション ~腎癌の薬物療法を考える~. RCC Seminar in KANAZAWA(金沢) 2015.12.1.

    ・野澤昌弘(近大) [薬物療法} ~分子標的治療薬の現状と課題~. HYOGO RCC Expert Seminar(神戸)2015.12.2.

    ・植村天受(近大) 「前立腺癌の基礎研究から臨床へ」. 第34回 新潟泌尿器科腫瘍研究会(新潟) 2015.12.4.

    ・大關孝之(近大) 当施設におけるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の初期pT2症例に関する検討. 第28回 日本内視鏡外科学会総会プログラム(大阪)2015.12.10.

    ・沖 貴士、豊田信吾、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪)、小嶋啓子、花井 淳(同 病理) 膀胱憩室内に発症した nephrogenic adenoma の1例. 第20回 泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺) 2015.12.19.

    ・松村直紀、菊池 尭、林 泰司、西岡 伯(近大堺)、前倉俊治(同 病理) 膀胱全摘術後、上部尿路より尿細胞診偽陽性を認め BCG 加療を施行した1例. 第20回 泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺) 2015.12.19.

    ・桑原 賢、森 康範、加藤良成、井口正典(市立貝塚)、山崎 大(同 臨床検査)腎浸潤性尿路上皮癌の1例. 第20回 泌尿器腫瘍フォ-ラム学術集会(堺) 2015.12.19.

    ・上島 成也(大阪南医療センタ-) がん診断時から始める緩和ケア. 第8回 市民公開講座  近畿大学医学部附属病院がんセンタ-主催(大阪狭山)2016.1.30.

    ・吉村一宏(近大) Da Vinci サ-ジカルシステムを用いたロボット支援前立腺全摘除術. 第8回 市民公開講座  近畿大学医学部附属病院がんセンタ-主催(大阪狭山)2016.1.30.

    ・豊田信吾、沖 貴士、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪) 局所前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)単独の5年治療成績. 第4回 天王寺前立腺研究会(大阪)2016.2.4.

    ・野澤昌弘(近大) CRPC化学療法治療戦略. 北海道CRPC化学療法座談会(札幌)2016.2.6.

    ・桑原 賢、森 康範、加藤良成、井口正典(市立貝塚)、山崎 大(同 臨床検査) 腎浸潤性尿路上皮癌の一例. 第231回 日本泌尿器科学会関西地方会(京都)2016.2.6.

    ・豊田信吾、沖 貴士、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪) 膀胱癌と判別困難であった増殖性膀胱炎の1例. 第231回 日本泌尿器科学会関西地方会(京都)2016.2.8.

    ・植村天受(近大) 実臨床における腎がん薬物療法. KANETSU RCC EXPERT SEMINAR in SAITAMA(埼玉) 2016.2.20.

    ・野澤昌弘(近大) 転移性CRPCにおける各種薬剤の有用性  骨標的薬剤. Prostate Cancer Scientific Expert Meeting ~転移性 CRPC~(東京) 2016.2.20.

    ・植村天受(近大) 腎臓がん ここまで進歩した-腎臓がん診断・治療の最先端.第14回 市民公開講座 泌尿器科がん:診断・治療の最前線(新大阪)2016.2.21.

    ・パネリスト  野々村祝夫(大阪大)、植村天受(近大)、松井喜之(京都大)泌尿器科がん:診断・治療の最前線. 第14回 市民公開講座 泌尿器科がん:診断・治療の最前線(新大阪)2016.2.21.

    ・野澤昌弘(近大) ジェブタナの使用経験. CRPC講演会 2016(東京) 2016.3.5.

    ・杉本公一(近大) 低活動膀胱に関して. 排尿障害フォ-ラム2016~ユリ-フ0D錠 発売記念講演会~(大阪) 2016.3.17.

    ・野澤昌弘(近大) CRPCに対する化学療法. 第102回 秋田県泌尿器科集談会(秋田) 2016.3.19.

    ・林 泰司, 菊池 尭、松村直紀(近大堺)、齋藤允孝(近大)、森 康範(市立貝塚)、能勢和宏(近大)、今西正昭(富田林)、石井徳味(第2なぎさクリニック)、吉村一宏(近大)、西岡 伯(近大堺)、植村天受(近大)、秋山隆弘(温心会病院)  腎移植後サイトメガロウイルス感染症に対する予防投与について. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.23.

    ・西岡 伯(近大堺) 大阪府下における献腎提供推進のための活動. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.23.

    ・齋藤允孝(近大), 森 康範(市立貝塚)、林 泰司(近大堺)、能勢和宏(近大)、今西正昭(富田林)、西岡 伯(近大堺)、秋山隆弘(温心会病院)、植村天受(近大) 脂質異常症合併腎移植患者に対するω-3脂肪酸エチルの短期成績. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.24.

    ・菊池 尭, 松村直紀(近大堺)、齋藤允孝(近大)、林 泰司(近大堺)、能勢和宏(近大)、原 靖(はら腎・泌尿器科クリニック)、今西正昭(富田林)、西岡 伯(近大堺)、秋山隆弘(堺温心会)、植村天受(近大) 巣状糸球体硬化症再発に対し集学的治療が奏功した1症例. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.24.

    ・新保唯夏, 下田まや、門田佳枝、南口仁美(近大堺58病棟)、西岡 伯、林泰司、松村直紀、菊池 尭(近大堺) 生体腎移植ドナ-の退院後の健康管理. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.24.

    ・泉川陽子, 安原昌子(近大附属病院)、能勢和宏、齋藤允孝(近大) 腎移植を考える患者の意思決定への支援. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.25.

    ・能勢和宏, 齋藤允孝、吉村一宏、植村天受(近大)、林 泰司、西岡 伯(近大堺)DSA陽性症例における低用量 IVIG併用脱感作が奏功した2症例の経験. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.25.

    ・安原昌子(近大附属病院看護部)、齋藤充孝、能勢和宏(近大) 海外で腎移植を受けた外国人患者への服薬自己管理に対する支援. 第49回 日本臨床腎移植学会(米子) 2016.3.25.

    [昨年度の翔天で掲載出来なかった学会発表]

    ・豊田信吾、沖 貴士、辻 秀憲、江左篤宣(NTT西日本大阪)イクスタンジの初期治療成績. 第3回 天王寺前立腺研究会(大阪)2015.1.29.

  • 学会発表(2012年~2014年、主なもの抜粋)

    ・Peptide vaccines with low dose dexamethasone versus dexamethasone alone for chemotherapy-naive castration resistant prostate cancer: a randomized phase II study. H. Uemura, T. Kimura, T. Minami, K. Yoshimura, M. Nozawa, S. Egawa, H. Fujimoto, A. Yamada and K. Itoh. ASCO-GU, San Francisco, 2014.1.

    ・Functional evaluation of synchronous inactivation of PTEN and P53 in a murine model of prostate cancer. H. Uemura, Y. Kura, N. Ando, E. Fukushima, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, N. Shimizu, K. Yoshimura, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K. Nishio and M.A. De Velasco. AACR, San Diego, 2014.4.

    ・Combining P13K and 5 alpha
    reductase inhibitors improves the treatment response in a mouse model of PTENdeficient prostate cancer. Y. Kura, M.A. De Velasco, N. Ando, E. Fukushima, Y. Yamamoto, Y. Hatanaka, N. Shimizu, M. Nozawa, K. Yoshimura, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, San Diego, 2014.4.

    ・The role of autophagy in prostate tumorigenesis and its therapeutic implications. M.A. De Velasco, Y. Kura, N. Ando, E. Fukushima, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, N. Shimizu, K. Yoshimura, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, San Diego, 2014.4.

    ・Co-targeting the PI3K and androgen receptor signal pathways in castratoin resistant prostate cancer. M.A. De Velasco, Y. Kura, N. Ando, E. Fukushima, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, N. Shimizu, K. Yoshimura, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, San Diego, 2014.4.

    ・Expression of lumican is negatively associated with the risk of biochemical recurrence in human prostate cancer. M.A. De Velasco, Y. Hatanaka, T. Oki, Y. Kura, Y. Yamamoto, K. Yoshimura, N. Shimuzu, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K Nishio and H. Uemura.

    ・化学療法施行前去勢抵抗性前立腺癌に対するペプチドワクチン・デキサメサゾン併用療法第2相前向き無作為化臨床試験. 吉村一宏、植村天受、南 高文、野澤昌弘、藤元博行、頴川 晋、山田 亮、伊東 恭悟. 第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・前立腺癌マウスモデルにおけるがん抑制遺伝子PTENおよびp53の相互作用の検討. 植村天受、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、デベラスコ マルコ.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・前立腺癌におけるSTAT3転写活性抑制効果の検討. 倉由吏恵、デベラスコ マルコ、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・前立腺癌におけるオートファジーの生物学的意義. デベラスコ マルコ、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・アビラテロン酢酸エステル(AA)の第II相試験:化学療法未治療の転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者に対する有効性と安全性. 植村天受、松原伸晃、佐藤威文、時田大輔、赤座英之.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・腎癌に対するワクチン療法. 吉村一宏、南 高文、野澤昌弘、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・ハンドアシスト後腹膜鏡下ドナー腎採取術の検討. 齋藤允孝、清水信貴、山本 豊、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、能勢和宏、西岡 伯、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・骨代謝マーカーによる骨転移の評価. 野澤昌弘、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・前立腺特異的PTENノックアウトマウスモデルにおけるMEK阻害剤の抗腫瘍効果の検討. 山本 豊、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・前治療薬の違いによるアキシチニブの有害事象プロファイルの違い. 野澤昌弘、橋本 士、豊田信吾、齋藤允孝、清水信貴、山本 豊、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、吉村一宏、石井徳味、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・腎癌に対する分子標的薬を用いたPresurgical therapy. 植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2014.4.

    ・腎移植後BKウイルス感染症の検討. 林 泰司、安田宗生、齋藤允孝、森 康範、能勢和宏、今西正昭、石井徳味、西岡 伯、植村天受、秋山隆弘. 第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2015.4.

    ・Sequential therapyにおける薬剤切り替えのタイミング. 野澤昌弘、植村天受.  第102回日本泌尿器科学会総会, 神戸市, 2015.4.

    ・骨転移前立腺癌患者の予後に及ぼす骨代謝マーカーの影響. 野澤昌弘. 第52回日本癌治療学会学術集会, 横浜市, 2014.8.

    ・転移性・進行性腎癌に対する集学的治療. 吉村一宏.  第52回日本癌治療学会学術集会, 横浜市, 2014.8.

    ・前立腺癌自然発生マウスモデルPTEN KOマウスよりPTEN/p53ダブルKOマウスを確立し、その有用性について報告する. 植村天受、倉由吏恵、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、デベラスコ マルコ. 第73回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2014.9.

    ・オートファジーと前立腺癌発生―進展に関する関係について、PTEN/Atg-7ダブルKO前立腺癌マウスを作製し、検討した. デベラスコ マルコ、倉由吏恵、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第73回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2014.9.

    ・HOXA10の発現異常が前立腺全摘出術後の再発を予測する可能性の検討. 畑中祐二、デベラスコ マルコ、沖 貴士、倉由吏恵、山本 豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第73回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2014.9.

    ・ヒト前立腺癌におけるLumicanの発現についての検討. 沖 貴士、デベラスコ マルコ、畑中祐二、倉由吏恵、山本 豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第73回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2014.9.

    ・前立腺癌マウスモデルにおけるPI3K/mTORシグナル阻害の効果. 山本 豊、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、畑中祐二、清水信貴、南 高文、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第73回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2014.9.

    ・去勢抵抗性前立腺癌においてアンドロゲン受容体およびmTORの抑制によって、抗腫瘍効果は増強する. 倉由吏恵、デベラスコ マルコ、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第73回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2014.9.

    ・Effect of anticholinergic agent on autonomic nervous system (ANS) function of overactive bladder syndrome patients. N. Shimizu, K. Sugimoto, Y. Yamamoto, T. Minami, M. Nozawa, K. Yoshimura, H. Uemura and A. Hirayama. ICS 2014, Brazil, 2014.10.

    ・Difference in adverse event profiles between mTOR inhibitors temsirolimus and everolimus for advanced renal cell carcinoma. M. Nozawa, T. Kikuchi, M. Nishimoto, Y. Kobayashi and H.Uemura. ASCO-GU, Orlando, 2013.2.

    ・Combination therapy of peptide vaccines and dexamethasone for chemotherapy naive castration resistant prostate cancer a randomized phase 2 study. H. Uemura, T. Kimura, K. Yoshimura, T. Minami, M. Nozawa, T. Nakagawa, H. Fujimoto, S. Egawa, A. Yamada and K. Itoh. 28th Annual EAU Congress, Milano, 2013.3.

    ・Therapeutic potential of JAK/STAT signal inhibition in prostate cancer by the JAK inhibitor AZD 1480. M.A. De Velasco, Y. Kura, N. Ando, E. Fukushima, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, N. Shimizu, M. Nozawa, K. Yoshimura, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, Washington, 2013.4.

    ・A role for lumican as a biomarker of disease progression in human prostate adenocarcinoma. M.A. De Velasco, Y. Hatanaka, Y. Kura, N. Ando, E. Fukushima, Y. Yamamoto, N. Shimizu, M. Nozawa, K. Yoshimura, K. Yoshikawa, K, Nishio and H. Uemura. AACR, Washington, 2013.4.

    ・Preclinical responses of the MEK inhibitor AZD6244 in a genetically modified mouse of prostate cancer. H. Uemura, Y. Kura, N. Ando, E. Fukushima, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, N. Shimizu, M. Nozawa, K. Yoshimura, K. Yoshikawa, K. Nishio and M.A. De Velasco. AACR, Washington, 2013.4.

    ・Leptin contributes to prostate cancer progression. M.A. De Velasco, Y. Yamamoto, Y. Hatanaka, Y Kura, N. Ando, E. Fukushima, M. Nozawa, N. Shimizu, K. Yoshimura, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, Washington, 2013.4.

    ・Autophagy is required for prostate cancer progression. M.A. De Velasco, Y. Kura, N. Ando, E. Fukushima, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, N. Shimizu, K. Yoshimura, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, Washington, 2013.4.

    ・Interleukin-6 (IL-6) as a therapeutic target in prostate cancer. Y. Kura, M.A. De Velasco, Y. Kobayashi, N. Ando, E. Fukushima, Y. Yamamoto, Y. Hatanaka, N. Shimizu, K. Yoshimura, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, Washington, 2013.4.

    ・化学療法薬・分子標的薬. 吉村一宏、植村天受. 第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・2次治療以後の適切な治療は? 吉村一宏、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・前立腺特異的PTENノックアウト前立腺癌マウスを用いた抗腫瘍メカニズムの検討. 山本 豊、デベラスコ マルコ、小林泰之、清水信貴、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の検討. 小林泰之、菊池 尭、西本光寿、清水信貴、山本 豊、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・生体腎移植における新規5剤免疫抑制療法の安全性と有効性に関する検討. 林 泰司、安田宗生、齋藤允孝、森 康範、能勢和宏、今西正昭、西岡 伯、石井徳味、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・小径腎腫瘍に対する待期手術療法VS即時手術療法の治療成績. 杉本公一、永井康晴、安富正悟、安田宗生、大関孝之、清水信貴、能勢和宏、田原秀男、今西正昭、西岡 伯、江左篤宣、梶川博司、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・Mineralocorticod receptor blocker及びSrc inhibitorの腎尿管上皮細胞でのNADPH oxidase活性とsuperoxide産生、Rac1発現への影響. 辻 秀憲、吉村一宏、梅川 徹、植村天受、ワン ウェイ、スニル ジョシ、ペエク アモン、カーン サイード.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・mTOR阻害薬テムシロリムスとエベロリムスの有害事象の相違. 野澤昌弘、菊池 尭、西本光寿、小林泰之、清水信貴、山本 豊、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、吉村一宏、石井徳味、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・前立腺癌のバイオマーカーを発見するためのマウスモデルの作製. 畑中祐二、デベラスコ マルコ、清水信貴、山本 豊、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・The potential of targeted STAT3 inhibition for prostate cancer. デベラスコ マルコ、倉由吏恵、小林泰之、畑中祐二、山本 豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・Expression of lumican in human prostate adenocarcinoma. 倉由吏恵、デベラスコ マルコ、畑中祐二、山本 豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受. 第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・Leptin contributes to drive prostate cancer progression. 吉村一宏、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・過活動膀胱患者における自律神経機能の検討. 清水信貴、菊池 尭、西本光寿、小林泰之、山本 豊、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受、梅川 徹.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・近畿大学泌尿器科におけるBrachytherapyの検討. 南 高文、菊池 尭、西本光寿、小林泰之、清水信貴、山本 豊、林 泰司、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・ラット腎阻血再灌流障害モデルにおけるpioglitazone投与の腎保護効果についての検討. 森 康範、デベラスコ マルコ、安田宗生、齋藤允孝、林 泰司、能勢和宏、今西正昭、石井徳味、西岡 伯、秋山隆弘、植村天受.  第101回日本泌尿器科学会総会, 札幌市, 2013.4.

    ・Zoledronic acid hormone naive prostate cancer with bone metastasis. M. Nozawa, H. Uemura and KiS-BoP investigators. ASCO, Chicago, 2013.5.

    ・Investigation of automatic nervous system activity of overactive bladder syndrome patients using an "autonomic reflex orthostatic test" N. Shimizu, H. Tsuji, K. Sugimoto, M. Nozawa, K. Yoshimura, and H. Uemura. ICS, Barcelona, 2013.8.

    ・Imidafenacin reduces nocturia in BPH/OAB patients with or without hypertension: a sub analysis of the good night study. N. Shimizu, A. Tsujimura, H. Akino, N. Oguchi, Y. Kitagawa, N. Segawa, S. Tamada, H. Tsuji, A. Watanabe M. Urashima, H. Uemura and O. Yokoyama. ICS, Barcelona, 2013.8.

    ・Association between LUTS and sleep disorders and ramelteon's effects on LUTS and inflammation. N. Shimizu, M. Nozawa, K. Sugimoto, Y. Saito, Y. Yamamoto, T. Minami, T. Hanai, K. Yoshimura, T. Ishii and H. Uemura. SIU, Vancouver, 2013.9.

    ・前立腺癌におけるHOXA10の発現異常について. 畑中祐二、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、清水信貴、山本 豊、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受. 第72回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2013.10.

    ・前立腺癌のPTEN・P53ダブルノックアウトマウスによる相乗効果. 植村天受、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、デベラスコ マルコ.  第72回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2013.10.

    ・オートファジーと前立腺癌. デベラスコ マルコ、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、吉村一宏、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第72回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2013.10.

    ・PTENノックアウトマウス前立腺癌マウスにおけるMAPKシグナル抑制と抗腫瘍効果. 山本 豊、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、安藤直美、福島恵美子、畑中祐二、清水信貴、野澤昌弘、吉村一宏、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第72回日本癌学会学術総会, 横浜市, 2013.10.

    ・Efficacy of α1 AR antagonists in patients undergoing prostate 125I brachytherapy for prostate carcinoma: a randomized trial involving pressure flow study. N. Shimizu, M. Yasuda, Y. Yamamoto, T. Minami, T. Hayashi, M. Nozawa, K. Yoshimura, T. Ishii, H. Uemura and K. Nakamatsu. EAU, Paris, 2012.2.

    ・Baseline bone metabolism markers as predictors for grogression free survival of patients with treatment naive bone metastatic prostate cancer treated with zoledronic acid plus combined androgen blockade. M. Nozawa, T. Inagaki, K. Nagano, T. Nishioka, T. Komura, A. Esa, M. Miyagawa, M. Imanishi, Y. Uekado, T. Ogawa, H. Kajikawa, S. Uejima, H. Matsuyama, I. Hara and H. Uemura. EAU, Paris, 2012.2.

    ・A preclinical model to evaluate the risk of increased dietary fat consumption and prostate cancer. Y. Kobayashi, M.A. De Velasco, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, M. Tanaka, M. Nozawa, N. Shimizu, K. Yoshimura, K. Nishio and H. uemura. AACR, Chicago, 2012.3.

    ・Enhanced anti‐tumor effects using a combinatorial target treatment strategy in a preclinical model of prostate cancer. Y. Yamamto, M.A. De Velasco, Y. Hatanaka, N. Shimizu, K. Yoshimura, M. Nozawa, M. Kodama, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, Chicago, 2012.3.

    ・HOXA10 expression profiles in prostate cancer. Y. Hatanaka, M.A. De Velasco, Y, Kura, Y. Yamamoto, M. Kodama, M. Nozawa, N. Shimizu, K. Yoshimura, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, Chicago, 2012.3.

    ・Use of a novel synthetic biomaterial to induce mild whole body hyperthermia for the treatment of cancer in a preclinical model. M. Kodama, M.A. De Velasco, Y. Yamamoto, N. Shimizu, M. Nozawa, K. Yoshimura, K. Yoshikawa and H. Uemura. AACR, Chicago, 2012.3.

    ・Role of STAT3 transcriptional activation in a preclinical mouse model of prostate cancer and potential as a therapeutic target. M.A. De Velasco, M. Tanaka, K. Fujimoto, Y. Moriya, Y. Kura, Y. Kobayashi, Y. Yamamoto, Y. Hatanaka, H. Kato, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. AACR, Chicago, 2012.3.

    ・Evaluation of lumican expression profiles in prostate cancer. K. Yoshimura, M.A. De Velasco, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, M. Kodama, M. Tanaka, N. Shimizu, M. Nozawa, K. Yoshimura, K, Nishio and H. Uemura. AACR, Chicago, 2012.3.

    ・前立腺癌に対する新規標的治療薬. 吉村一宏、植村天受.  第100回日本泌尿器科学会総会, 横浜市, 2012.4.3.

    ・当院における前立腺癌stageD2症例の治療成績. 伊丹祥隆、山本 豊、永井康晴、小林泰之、清水信貴、南 高文、林 泰司、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受. 第100回日本泌尿器科学会総会, 横浜市, 2012.4.3.

    ・高脂肪摂取と前立腺癌の進展について―マウス前立腺癌モデルを用いた検討―. 辻 秀憲、植村天受、畑中祐二、山本 豊、清水信貴、児玉光正、田中基幹、野澤昌弘、吉村一宏、デベラスコ マルコ.  第100回日本泌尿器科学会総会, 横浜市, 2012.4.3.

    ・食道癌原発の転移性陰茎腫瘍の1例. 小林泰之、野澤昌弘、永井康晴、伊丹祥隆、清水信貴、山本 豊、南 高文、林 泰司、吉村一宏、石井徳味、植村天受.  第100回日本泌尿器科学会総会, 横浜市, 2012.4.3.

    ・前立腺癌増殖進展におけるSTAT3活性化の役割について―マウス前立腺癌モデルによる検討―. デベラスコ マルコ、田中基幹、加藤博之、大内 香、守屋陽一郎、小林泰之、山本 豊、野澤昌弘、植村天受.  第100回日本泌尿器科学会総会, 横浜市, 2012.4.3.

    ・前立腺癌におけるLumicanの発現異常について. 吉村一宏、デベラスコ マルコ、畑中祐二、山本 豊、田中基幹、清水信貴、野澤昌弘、植村天受.  第100回日本泌尿器科学会総会, 横浜市, 2012.4.3.

    ・泌尿器科疾患における睡眠障害の検討. 清水信貴、永井康晴、伊丹祥隆、小林泰之、山本 豊、南 高文、林 泰司、野澤昌弘、吉村一宏、石井徳味、植村天受.  第100回日本泌尿器科学会総会, 横浜市, 2012.4.3.

    ・転移性腎がんに対するMHCクラスⅠペプチドワクチン療法の役割. 植村天受、吉村一宏、南 高文、デベラスコ マルコ. 第71回日本癌学会学術総会, 札幌市, 2012.9.

    ・ヒト前立腺がんにおけるルミカンの発現について. 吉村一宏、デベラスコ マルコ、畑中祐二、倉由吏恵、山本 豊、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第71回日本癌学会学術総会, 札幌市, 2012.9.

    ・Diet induced leptin contributes to prostate cancer progression. M.A De Velasco, Y. Hatanaka, Y. Yamamoto, K. Yoshimura, N. Shimizu, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. 第71回日本癌学会学術総会, 札幌市, 2012.9.

    ・ヒト前立腺癌の進展におけるHOXA 10の発現異常について. 畑中祐二、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、山本 豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第71回日本癌学会学術総会, 札幌市, 2012.9.

    ・HLA-A24陽性腎細胞癌患者におけるcancer-reactive CTLsを誘導し得るEorR抗原由来ペプチドの同定. 南 高文、南 知子、大関孝之、デベラスコ マルコ、清水信貴、山本 豊、辻 秀憲、野澤昌弘、吉村一宏、植村天受.  第71回日本癌学会学術総会, 札幌市, 2012.9.

    ・前立腺特異的PTENノックアウトマウスにおけるSTAT3転写活性に関する検討. 小林泰之、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、畑中祐二、山本 豊、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和宏、植村天受.  第71回日本癌学会学術総会, 札幌市, 2012.9.

    ・前立腺癌マウスモデルに対する分子標的治療薬の抗腫瘍効果の検討. 山本 豊、デベラスコ マルコ、倉由吏恵、畑中祐二、吉村一宏、清水信貴、野澤昌弘、吉川和宏、西尾和人、植村天受.  第71回日本癌学会学術総会, 札幌市, 2012.9.

    ・The clinical role of peptide vaccines for CRPC:Prospective randomized study of peptide vaccination vs steroid hormone alone. H. Uemura. WUOF, Fukuoka, 2012.9.

    ・"Triggers" for SRM treatment (Marker for SRM progeression). H. Uemura. WUOF, Fukuoka, 2012.10.

    ・Characterization of key regulatory pathway regulating prostate cancer growth and responses to molecular targeted therapy in a preclinical GEM model of prostate cancer. M.A. De Velasco., Y. Yamamoto, Y. Hatanakka, N. Shimizu, K. Yoshimura, M. Nozawa, K. Yoshikawa, K. Nishio and H. Uemura. URS, Osaka, 2012.10.

    ・去勢抵抗性再燃前立腺癌に対するペプチドワクチン療法―第2相前向きランダム化試験―. 植村天受.  第50回日本癌治療学会学術集会, 横浜市, 2012.10.

    ・近畿大学泌尿器科におけるゾレドロン酸使用の実際. 南 高文、山本 豊、野澤昌弘、菊池 尭、西本光寿、小林泰之、清水信貴、林 泰司、辻 秀憲、吉村一宏、石井徳味、植村天受. 第50回日本癌治療学会学術集会, 横浜市, 2012.10.

    ・腎癌に対するmTOR阻害薬エベロリムスとテムシロリムスの有害事象プロファイルの相違. 野澤昌弘、菊池 尭、西本光寿、小林泰之、清水信貴、山本 豊、南 高文、林 泰司、辻 秀憲、吉村一宏、石井徳味、植村天受.  第50回日本癌治療学会学術集会, 横浜市, 2012.10.

科学研究費補助金

・清水 信貴(研究代表者)

若手研究 平成30年度~32年度
脊髄損傷マウスの下部尿路機能障害に対するウイルスベクターを用いた新規治療法の開発
研究費総額:3,900,000円
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18K16751/

・デベラスコ・マルコ(研究代表者)

基盤研究(C) 平成29年度~31年度
前立腺癌マウスモデルを用いたnon-cording RNAバイオマーカの探索研究
研究費総額:4,680,000円
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17K11165/

・植村 天受(研究代表者)

基盤研究(B) 平成28年度~30年度
腎細胞癌に対するHLA-A2拘束性マルチペプチドワクチンの開発研究費総額
研究費総額:17,290,000円
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16H05466/

・植村 天受(研究代表者)

挑戦的萌芽研究 平成26年度~27年度
PTEN/Atg7 DKOマウス前立腺癌におけるオートファジー機能解析の研究
研究費総額:3,640,000円

・デベラスコ・マルコ(研究代表者)

基盤研究(C) 平成26年度~28年度)
前立腺特異的PTEN/p53ダブルノックアウトマウスモデルに関する研究
研究費総額:4,940,000円

・植村 天受(研究代表者)

基盤研究(B) 平成25年度~平成27年度
腎細胞癌に対するマルチペプチドワクチンの開発
研究費総額:18,070,000円

・南 高文(研究代表者)

基盤研究(C) 平成24年度~平成26年度
前立腺癌に対する癌ワクチン療法に応用しうるペプチドの同定
研究費総額:5,200,000円

・野澤 昌弘(研究代表者)

挑戦的萌芽研究 平成23年度~24年度
前立腺発癌モデルマウスを用いたセレニウムによる前立腺癌予防効果の検討
研究費総額:2,340,000円

・植村 天受(研究代表者)

基盤研究(B) 平成22年度~平成24年度
腎細胞癌に対するテーラーメイド癌ワクチン療法の開発
研究費総額:16,740,000円

・デベラスコ・マルコ(研究代表者)

基盤研究(C) 平成22年度~24年度
PTENノックアウトマウス前立腺癌モデルを用いたpre-clinical研究
研究費総額:3,850,000円

・南 高文(研究代表者)

若手研究(B) 平成22年度~平成23年度
前立腺癌患者に対する癌ワクチン療法に応用できる腫瘍関連抗原由来ペプチドの同定
研究費総額:2,600,000円

・南 高文(研究代表者)

若手研究(B) 平成20年度~平成21年度
前立腺癌患者に対する癌ワクチン療法に応用できる腫瘍関連抗原由来ペプチドの同定
研究費総額:4,270,000円

・植村 天受(研究代表者)

基盤研究(B) 平成19年度~平成20年度
腎癌に対するペプチドを用いたテーラーメイド癌ワクチン療法の開発
研究費総額:18,850,000円

・田中 基幹(研究代表者)

基盤研究(C) 平成19年度~平成20年度
前立腺癌に対する、次世代分子治療戦略
研究費総額:4,680,000円

・松本 成史(研究代表者)

若手研究(B) 平成17年度~平成18年度
大脳上位における排尿知覚中枢および排尿機能への影響 -前部帯状回anterior cingulate cortexを中心に-
研究費総額:3,200,000円

・植村 天受(研究代表者)

基盤研究(B) 平成16年度~平成18年度
腎癌における次世代CA9ペプチドワクチンの開発とテーラーメイド型癌ワクチン療法
研究費総額:14,400,000円

厚生労働科学研究費補助金

・植村 天受(分担研究者)

がん対策推進総合研究事業(革新的がん医療実用化研究事業) 平成26年度
去勢抵抗性前立腺がんに対する新規がんペプチドワクチン療法開発のための第Ⅰ相・第Ⅱ相(前半)臨床試験
配分額:1,500,000円

・植村 天受(分担研究者)

難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(がん関係研究分野) 平成25年度
去勢抵抗性前立腺がんに対する新規がんペプチドワクチン療法開発のための第Ⅰ相・第Ⅱ相(前半)臨床試験
配分額:1,000,000円

・植村 天受(分担研究者)

難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(がん関係研究分野) 平成23年度~平成24年度
去勢抵抗性前立腺がんに対する新規がんペプチドワクチン療法開発のための第Ⅰ相・第Ⅱ相(前半)臨床試験
配分総額:2,000,000円

・植村 天受(分担研究者)

基礎研究成果の臨床応用推進研究事業 平成16年度
癌治療ペプチドワクチン及びペプチド抗体開発:遺伝子同定から臨床試験まで
配分額:4,000,000円

その他

・南 高文(研究代表者)

腎疾患研究助成金 平成25年度
腎癌に対するペプチドを用いたテーラーメイド癌ワクチン療法の開発
補助金額:500,000円

・吉村 一宏(研究代表者)

腎疾患研究助成金 平成24年度
蓚酸カルシウム結石形成のプロテオグリカンの作用とその関連因子の検討
補助金額:500,000円

・野澤 昌弘(研究代表者)

腎疾患研究助成金 平成23年度
腎細胞癌における分子標的薬耐性機序に関する遺伝子プロファイルの解析
補助金額:500,000円

・清水 信貴(研究代表者)

大阪難病研究財団 平成23年度
間質性膀胱炎モデルに対するRho-kinase阻害剤の効果
補助金額:1,000,000円

・デベラスコ・マルコ(研究代表者)

アストラゼネカリサーチグラント 平成23年度
Pre-clinical and clinical approaches for developing new treatment strategies for prostate cancer
補助金額:2,000,000円

・辻 秀憲(研究代表者)

腎疾患研究助成金 平成22年度
閉塞性腎症/結石形成ラットモデルを用いたオステオポンチンサイレンシングの効果
補助金額:500,000円

・植村 天受(研究代表者)

アストラゼネカリサーチグラント 平成21年度
Pre-clinical applications using the prostate specific PTEN conditional gene targeting mouse model
補助金額:2,000,000円

・小池 浩之(研究代表者)

大阪難病研究財団 平成21年度
PTEN遺伝子改変マウスを用いた酢酸クロルマジノンによる前立腺癌発癌抑制効果
補助金額:1,000,000円

・辻 秀憲(研究代表者)

大阪難病研究財団 平成17年度
尿路結石形成に対する酸性ムコ多糖の抑制効果について(ラット尿細管培養細胞を用いた検討)
補助金額:2,000,000円

・松本 成史(研究代表者)

大阪難病研究財団 平成17年度
膀胱虚血・再還流における酸化ストレス(8-OHdG)の推移
補助金額:500,000円

・植村 天受(研究代表者)、梅川 徹、松本 成史、辻 秀憲、清水 信貴(研究分担者)

私立大学等経常費補助金特別補助「高度化の推進(大学院重点特別経費)」 平成17年度
腎細胞癌にCA9テーラーメイド・ワクチンの開発
補助金額:1,206,000円

・松本 成史(研究代表者)、杉山 高秀、吉岡 伸浩、清水 信貴、杉本 公一、兼子 美帆(分担研究者)

私立大学等経常費補助金特別補助「高度化の推進(大学院重点特別経費)」 平成17年度
下部尿路閉塞による膀胱繊維化機序の解明と膀胱平滑筋機能との関連
補助金額:1,061,000円

・松本 成史(研究代表者)

大阪難病研究財団 平成16年度
膀胱虚血・再還流における膀胱平滑筋細胞phenotypeの変化
補助金額:2,000,000円

・松本 成史(研究代表者)、梅川 徹、原 靖、田原 秀男、辻 秀憲、花井 禎、吉岡 伸浩、清水 信貴(研究分担者)

私立大学等経常費補助金特別補助「高度化の推進(大学院重点特別経費)」 平成16年度
補助金額:1,992,000円

ページトップへ